• guide_icon_1x
  • 介護支援専門員とは

介護支援専門員、通称ケアマネジャーとは、「介護が必要な人」と「介護サービス」をつなぐ役割を担う専門職です。
要介護・要支援の認定を受けた人から相談を受け、どのような介護サービスをどれくらい受けたらよいかを考えて、給付計画(ケアプラン)を作成するだけでなく、介護を要する人と介護サービス事業者との間に立って、連絡や調整などを行います。

  • guide_icon_1x
  • 介護支援専門員の資格について

介護支援専門員は、2000年4月から施行が始まった介護保険制度を円滑に運営していくために誕生した職業です。各都道府県が行う試験を受け、合格後に研修を受けることでケアマネジャーの資格を得ることができます。国家資格ではありません。

【受験資格】

・保険、医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上従事した者
・特定の福祉施設、介護施設に5年以上従事した者
・ホームヘルパー2級、社会福祉主事任用資格者で介護等の業務に5年以上従事した者
・無資格で介護等の業務に10年以上従事した者

※ただし、2018年度の試験からは、以下のように変更になります。
・保険、医療、福祉に関する法定資格に基づく業務に5年以上従事した者
・特定の福祉施設、介護施設、障害者施設などに5年以上従事した者

  • guide_icon_5
  • 介護支援専門員の仕事

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険制度によって提供されるさまざまなサービスの中から、相談者にとって最適なものを選択し、ケアプランを作成・更新します。具体的には次のような業務を行います。

【要介護・要支援の方の要望を聞き取る】

介護や支援を要する方、またはそのご家族からの相談を受けた介護支援専門員がまず最初にすることは、その方の生活や心身の状態の確認です。要介護・要支援認定を受けられるよう、自宅を訪問して十分に聞き取りを行います。具体的には、次のような点をヒアリングします。
・今まで〜現在の生活の様子について
・現在の心身の状態について
・どうして介護や支援が必要になったかについて
・家族や近隣の人たちとの関係性について
・どんな点に最も困難を感じているか
・これからどのような生活をしていきたいか
・ご家族の協力はどれくらい得られるか

【ケアプランを作成する】

聞き取りが終わったら、その内容に沿ってケアプランを作成します。ケアプランとは、どういった介護サービスを、どれくらいの頻度で利用するかの計画です。ケアプランがないと、介護サービスを受けることができません。
介護サービスを利用する際は、1割(収入によっては2割)の自己負担金が発生します。1か月の上限額も決まっているため、経済的なことも考慮しながら計画を立てます。

【関係者同士で定期的にミーティングを行う】

介護サービスの開始後は、定期的に利用者宅を訪問して、立てたケアプランによってその人の生活や心身の状態が改善されているかを確認します。ご本人、介護をするご家族、サービス担当者などと定期的にミーティングを行い、情報交換できる場を設けます。気になることなどがあれば情報を共有します。

【ケアプランの管理】

利用者宅への訪問観察の結果や、関係者の集まる会議で出た意見などを参考にしながら、必要に応じてケアプランの修正などを行います。
見直しするにあたっては、
①現在のプランは、要介護者ができるだけ自宅で自立した生活を送るために最適なサービスとなっているか
②心身の状態に変化が生じた結果、新たなケアのニーズが発生していないか

といった点に重点を置いてチェックをします。

また、これら一連の業務とその経過については記録に残しておくことも大切な仕事です。

  • guide_icon_1x
  • 介護支援専門員とホームヘルパーの違い

介護支援専門員(ケアマネジャー)が行うのは、どのような介護サービスを受けたらよいかを決めるところまでです。そのプランにそって実際に行われる行為、例えば食事やお風呂の介助、排せつや着替えの手伝いといった身体介護や、食事の用意、買い物といった生活支援はホームヘルパーの業務になります。

  • guide_icon_1x
  • 介護支援専門員が活躍する場所

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、自宅や施設で生活する高齢者で、何らかの支援を必要としている人に介護保健サービスを紹介したり、生活の相談にのったりする仕事です。主な職場となるのは、次のような施設です。

・指定居宅介護支援事業所

在宅介護支援センターなどに併設されている事業所の場合と介護支援専門員(ケアマネジャー)の業務のみを行っている独立系の事業所の場合があります。

・地域包括支援センター

その地域ごとに決められている「地域包括支援センター」に在籍して、仕事を行います。要支援認定者の介護予防プランを作成するのが主な業務となります。要介護者のケアプランは、地域包括支援センターではなく、指定居宅介護支援事業所に在籍する介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成します。

・介護保険施設

介護療養型医療施設、老人保健施設、特別養護老人ホームといった施設で暮らしている要介護者の方のケアプランを作成します。

  • guide_icon_3
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)は、在宅介護に不可欠な存在

「介護サービスには、どのような種類があるのか」「どんなサービスが本人にとって最適なのか」「より良い介護をするには、家族はどうしたらいいか」など、介護にまつわるあらゆる相談ごとにのり、より良い介護生活を送ることができるよう、ご本人とご家族をサポートします。納得のいく介護を行えるかどうかは、信頼できる介護支援専門員(ケアマネジャー)を見つけるところから始まるといっても過言ではないでしょう。在宅で介護を受ける人やその家族にとって、介護支援専門員(ケアマネジャー)は大きな役割を担う存在です。

  • guide_icon_1x
  • 【まとめ】

・介護支援専門員(ケアマネジャー)は、要介護・要支援の認定を受けた人から相談を受け、どのような介護サービスをどれくらい受けたらよいか、給付計画(ケアプラン)を作成します。
・介護を要する人と介護サービス事業者との間に立って、連絡や調整などを行うこともあります。
・各都道府県が行う試験を受け、合格後に研修を受けることでケアマネジャーの資格を得ることができます。
・指定居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、介護保険施設などに勤務します。