介護ガイド

介護ガイド

在宅診療

高齢者の在宅診療について

通院が困難になった高齢者が在宅診療を受ける場合の方法 病気やケガの治療で通院することは、高齢者にとって大きな負担です。さらに近年は少子化や子どもと同居する高齢者世帯の減少、そして平均寿命が延びて夫婦がともに高齢、あるいは高齢者の単身世帯が増加し、今まで通院できていた高齢者が今後はますます通院できなくなっていく可能性があります。また、医療制度上の問題で長期の入院は難しくなっており、さらに病院ではなく自宅で最期を迎えたいという高齢者のニーズも高まっています。そこで必要性が高くなってくるのが在宅・・・「続きを読む」

看取りケア・ターミナルケアとは

かつては自宅で最期を迎える人が8割をこえていましたが、現在では1割強まで落ち込み、代わりに8割強が医療機関で亡くなっています。一方で最期をどこで迎えたいかという厚生労働省の調査では、自宅で最期を迎えたい人が約55%もおり現実と大きな差が生じています。そして、超高齢化社会の進行と家族形態の変化や社会保障費の財源の圧迫などにより、住み慣れた地域で人生の最期まで、自分らしく暮らし続けることができるように、医療や介護のみではなく、住まいや生活支援などが連携する動きが進んでいます。 今後、自宅で最期を迎・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ