介護ガイド

介護ガイド

福祉・介護

ページ 1/2

介護する側のサポート制度

介護する側のサポート制度
世界でも類を見ない超高齢社会に突入した日本では、介護を必要とする方が増え、それにともない、ご家族を介護する方も増加しました。そのため、介護離職が大きな社会問題となっています。介護を行う方々は、その大変さに加え時間や経済面での負担も大きいため、精神的に追い込まれることも少なくありません。だからこそ、「介護する側のサポート制度」をよく知り、可能な限り上手に活用していくことが必要です。 .tableA { border:2px solid #DDD; border-collapse:coll・・・「続きを読む」

高齢者の入院・退院後の段取り

高齢者の入院・退院
病気やケガというのは、誰にでも起こり得ることです。ましてや年齢を重ね、筋力や視力の衰えなどがある高齢者は、そのリスクも高くなるでしょう。しかし、いざ身内が、ある日突然病気やケガなどで入院し、退院後に介護が必要になった場合、どう対処していけばいいのか分からないことも多いのではないでしょうか。ご家族の皆様が健康なうちに、高齢者の入院・退院後の段取りなどを確認しておきましょう。 .tableA table { border:2px solid #DDD; border-collapse:coll・・・「続きを読む」

高齢者の事故防止介護予防ガイド

自分の家は心落ちつく安心できる場所。しかし、年齢を重ね足腰が弱くなっている高齢者にとっては、どんなに住み慣れた場所でもヒヤリとしたり、ハッとしたりすることがあり、危険がいっぱいです。わたしたちが何気なく過ごしている「家」で起こりがちな高齢者の事故と、注意点、工夫できることをまとめました。 高齢者が起こしやすい事故 <転倒事故の例> 住み慣れた家、着慣れた衣服やパジャマでも、油断していると以下のようなことが起こり、足をくじい・・・「続きを読む」

要介護状態を回避し自立した生活を送るための効果的な介護予防

2017年7月に発表された2016年度の平均寿命は男女とも過去最高を更新し、女性は87.14歳、男性は80.98歳です。しかし、平均寿命が延びて長生きできても元気で動き回れて、好きなことができなければ長生きできたかいがありません。そのため多くの人は介護されることなく自立した生活ができることを望んでいます。では、要介護状態にならずに自立した生活を送るにはどうすればよいのでしょうか。要介護状態にならずに元気で自分らしくいきいきとした暮らしをするには、日々の生活で誰にで・・・「続きを読む」

高齢でも自立した生活ができるように支援する介護予防とは

高齢でも心身ともに健康で自立した生活ができるように支援する介護予防について、その概要、対象者、目的、地域事業について解説します。 ■介護予防の目的と背景、および介護保険上の位置づけ 介護予防とは、高齢者が要介護状態になること予防し、できるだけ要介護状態になることを遅らせること、および要介護状態になっても、その悪化をできる限り防止するとともに要介護状態の改善を目指すことを目的としています。なお、要介護状態とは、介護保険が定める利用限度枠を認定するために設けられた基準で、介護度が低い順に・・・「続きを読む」

社会福祉士とは

社会福祉士の仕事 社会福祉士とは、社会福祉専門職の国家資格です。 社会福祉士は、身体的・精神的・経済的・生活環境などにおいて、なんらかのハンディキャップがあり、支援を必要としている人たちの相談に乗ることが主な仕事となります。 具体的には、心身のどちらか、または両方に障害がある、生活に困窮している、ひとり親の世帯である、高齢であるなど、日常生活を送るのに何らかの支障のある人々が、相談の対象となります。このような環境にある人たちが、日常生活をスムーズに快適に過ごせる・・・「続きを読む」

福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員の仕事 福祉用具専門相談員は、介護を必要とする方が、より快適に日常生活を送ることができるよう、福祉用具のレンタルや販売を行います。介護保険制度のもとでは、福祉用具貸与事業を行う事業所には、福祉用具専門相談員を2名配置することが義務付けられています。 福祉用具とは、次のようなものになります。 【レンタル品】 車いす、車いすの付属品、手すり、スロープ、歩行器、歩行の補助用杖、体位変換器、褥瘡(床ずれ)予防用具、痴呆性徘徊探知機、移動用リフト ・・・「続きを読む」

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターの仕事 福祉住環境コーディネーターは、体に障害を持ったり年齢を重ねたりすることによって、普段の生活に不便を感じるようになった方が、できるだけ自立した生活を送ることができるよう、住環境を改善提案する役割を担っています。単純に、家の中の段差を解消したり、手すりを取り付けたりするようなことだけではなく、その人にとって最適な住環境はどのようなものか、何が必要なのかを見極める必要があります。そのために、医療、福祉、建築などについての幅広い知識を身・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ