介護ガイド

介護ガイド

認知症について

認知症の予防と対策

認知症患者の増加に対する予防の目的と対策の概要および予防方法 内閣府が発表した「平成28年版高齢社会白書」によると認知症患者数は、2012年度で7人に1人の割合になる462万人で、2915年度には5人に1人の割合の700万人に達すると予測されています。認知症は高齢者自身だけの問題ではなく家族を巻き込み、そして家族の精神的・金銭的・肉体的負担のみならず医療や地域社会の費用負担を増大させる大きな問題です。認知症が社会にもたらす影響を小さくする目的のために行うべき認・・・「続きを読む」

認知症スケール長谷川式テストとは

認知症の早期発見に効果的な認知症スケール長谷川式 認知症は認知機能の障害が起きている病気の総称で、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などが含まれます。この認知症は一部の病気を除き現代医学でも完全には完治させられない病気です。しかし、完治させられない認知症でも、認知機能が低下していることを早期に発見し早期に治療を開始すると、症状の進行を遅らせ、また症状を軽減させられます。 多くの場合認知症の進行は遅く、また初期には加齢による物忘れなどと区別がつ・・・「続きを読む」

新オレンジプランとは

新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)その概要と問題点 認知症の発症を予防し「認知症患者の意思が尊重され、住み慣れた地域の環境で自分らしく暮らせる社会を実現する」ために、厚生労働省が策定して国として推進しようとしている「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」とは? その概要と問題点について紹介します。 新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)の策定・推進の背景 高齢化が進展するなか、認知症患者の増大が家族や地域社会・・・「続きを読む」

認知症とは

認知症とは 認知症は、何らかの原因で脳の神経細胞が壊れることによって起こります。進行すると、精神や身体における活動機能がどんどん低下し、生活するうえで多くの支障が生じます。老化による物忘れと混同されがちですが、それとは異なります。 認知症の概要 認知症とは、生まれてから正常に発達した知的能力(記憶・思考・理解・計算・学習・言語・判断など)…いわゆる認知機能が脳の障害によって低下し、日常生活や社会生活を営めなくなる状態を・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ