介護ガイド

介護ガイド

高齢者の施設・住まい

ページ 1/4

IVH(中心静脈栄養)の方が老人ホームに入居する場合

IVHの方の老人ホーム選び
長期にわたって口から食事がとれない、消化管が機能していない、体力低下を防がなければならないといった場合、血管内に直接点滴して栄養を補給するIVH(中心静脈栄養)が必要です。IVHを必要とする方が、老人ホームに入居する場合のポイントやリスクなどを説明します。 1.IVH(中心静脈栄養)を必要とする疾患一覧 IVH(Intravenous Hyperalimentation・中心静脈栄養)とは、からだの中心近くの太い血管、中心静脈から高カロリー輸液(1日のほとんどの栄養分:糖質・アミノ酸・・・「続きを読む」

老人ホームの医療面での受入れ体制

老人ホームの医療面での受入れ体制
高齢になれば、病気やケガが多くなるのは当然のこと。超高齢社会となった日本では、高齢者施設と医療機関とのスムーズな連携が、ますます強く求められるようになりました。 しかし、老人ホームはあくまでも生活の場であり、治療を目的とした病院とは異なります。自宅で暮らしていた高齢者が病気やケガで入院した場合、退院後は医療依存度が高くなる可能性が高いので、老人ホーム選びがとても難しくなるでしょう。 老人ホームにおける医療面での受入れ体制を、よく理解しておくことが大切です。 1.老人ホームの医療・・・「続きを読む」

介護付きホームとは

介護付きホームとは、介護保険の指定を受けた介護付有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などに入居している利用者に対して、入浴・排せつ・食事等の介護、その他必要な『入居者の日常生活を支えるサービスを提供するホーム』のことです。 介護付きホームの役割として、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの中で、認知症ケアや「医療から介護への退院先」としての役割、さらに看取りまで「終の棲家」の機能を果たしています。 ※介護付きホー・・・「続きを読む」

介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅のサービスの違い

「介護付有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」は共に、民間事業者が運営する高齢者のための居住施設です。 それぞれの施設区分(ホームの種類)によって介護サービスの提供方法が異なります。 今回は、各々のサービスの違いと一日の流れについて比較していきます。 ※有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いについての記事はこちらをご覧ください。 介護サービスの提供方法の違い 【介護付有料老人ホームの介護サービス】 主に施設が提供するサービスの利・・・「続きを読む」

老人ホームで行われるリハビリの重要性とリハビリの内容

高齢になると運動機能が落ちます。運動機能が低下すると自立した生活が難しくなります。そこで、多くの老人ホームがリハビリを提供しています。リハビリの重要性と老人ホームで行われる「生活リハビリ」の目的、効果やリハビリの種類な内容、およびリハビリを行う専門家について紹介します。 老人ホームでの生活リハビリの目的と効果、回復リハビリとの違い 生活リハビリとは、高齢者が寝たきりにならずに自立した生活を送れることを目的として日常生活全般の動作を問題なく行えるようにするリ・・・「続きを読む」

高齢者が食べやすい食事(介護食)の種類と特徴

高齢者は、食が細くなるとともに食べる力が衰えて、誤えんによる肺炎で最悪は死亡に至るおそれがあり注意が必要です。しかし、一方でただ単に食べやすくするだけでは、食事の見た目が悪くなって食欲をそそりません。高齢になってもおいしい食事を楽しみたという欲求は変わりません。そこで、高齢者施設では入居者の食事を摂る力にあわせてさまざまな種類の介護食を用意しています。どのような種類の介護食があり、それぞれどのような特徴を持っているかについて紹介します。 食事を摂る力が衰える高齢者とそのとき・・・「続きを読む」

介護療養型医療施設の費用の特徴

介護療養型医療施設の費用の特徴 介護保険の施設サービスの一つ介護療養型医療施設は療養病床とも呼ばれます。主に療養上の医療が必要な要介護者が入所する公的な施設です。費用面では民間の同種のサービスを提供する施設よりも低額で利用できるというメリットのある施設です。介護療養型医療施設について主に費用面の特徴について紹介します。 介護療養型医療施設とは 介護療養型医療施設は、医療処置やリハビリが必要な比較的重度の要介護者に医療法上の医療・・・「続きを読む」

サービス付き高齢者向け住宅の費用の特徴

サービス付き高齢者向け住宅の費用の特徴 「サービス付き高齢者向け住宅」は、介護の専門家による見守りや支援サービスが受けられるバリアフリー対応の住宅です。運営は主に民間ですが、登録、指導・監督は地方公共団体が行います。高齢者向けのサービスがあるという以外は一般的な賃貸住宅とほぼ同じ。「サ高住」とも呼ばれています。 サービス付き高齢者向け住宅の特徴 「サービス付き高齢者向け住宅」は、都道府県単位で行われる登録制の住まいです。『高齢者住まい法(※1)』が平成23(・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ