介護ガイド

介護ガイド

公的施設

介護療養型医療施設の費用の特徴

介護療養型医療施設の費用の特徴 介護保険の施設サービスの一つ介護療養型医療施設は療養病床とも呼ばれます。主に療養上の医療が必要な要介護者が入所する公的な施設です。費用面では民間の同種のサービスを提供する施設よりも低額で利用できるというメリットのある施設です。介護療養型医療施設について主に費用面の特徴について紹介します。 介護療養型医療施設とは 介護療養型医療施設は、医療処置やリハビリが必要な比較的重度の要介護者に医療法上の医療・・・「続きを読む」

特別養護老人ホームの費用の特徴とは

特別養護老人ホームの費用の特徴 介護保険による公的施設サービスの1つ特別養護老人ホームは通称で「特養」または「介護老人福祉施設」とも呼ばれ、有料の老人ホームよりも費用面での負担が軽いことから、全国で入居待ちをしている高齢者が数十万人いると言われています。今回は、特別養護老人ホームの費用の特徴について紹介します。 特別養護老人ホームの費用について 特別養護老人ホームの費用は以下の表の通りです。 入居資格は、原則として病・・・「続きを読む」

介護老人保健施設の費用の特徴とは

介護老人保健施設の費用の特徴 介護保険の施設サービスの1つ介護老人保健施設は、「老健」と呼ばれる公的な施設です。入院による治療までは必要がないけれど、医療ケアやリハビリの必要な人が自宅で自立した生活ができることを目指して入居する施設です。介護老人保健施設について主に費用面の特徴について紹介します。 介護老人保健施設の費用について 介護老人保健施設の費用は以下の表の通りです。 入居資格は、自立した生活ができない要介護の認定を受・・・「続きを読む」

養護老人ホームとは

養護老人ホームとは 養護老人ホームは、経済的な理由や、身体上または精神上の理由、家庭環境の理由により、自宅での生活が困難な高齢者が利用できる施設です。比較的、自立した生活が可能な方を対象とする、社会福祉法に基づいた福祉施設です。 養護老人ホームの特徴 養護老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体などが運営する福祉施設です。審査を受け、市区町村長より措置判断されると入所が可能となります。生活に困窮している65歳以上の高齢者で、自立した日常生活を送れる・・・「続きを読む」

軽費老人ホーム、ケアハウスとは

軽費老人ホーム(A型、B型、ケアハウス)とは 軽費老人ホームは、家庭での生活に不安がある高齢者が、比較的少ない費用でサポートを受けながら生活できる、社会福祉法に基づいた福祉施設です。軽費老人ホームには、「A型・B型・ケアハウス(C型)」という3種類の施設があります。 軽費老人ホーム全体の特徴 軽費老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体などが運営する高齢者が対象の福祉施設です。ひとり暮らしに不安があるけれど、身寄りがない、家族からの援助が受けられない、・・・「続きを読む」

介護老人保健施設(老健)とは

「介護老人保健施設」は、高齢者の自立・在宅復帰を目指す、公的な介護施設のひとつです。「老健」とも呼ばれています。 介護老人保健施設(老健)の特徴 この施設の大きな特徴は、公的な施設であるため「費用の負担を抑えられる」というだけではなく、作業療法士や理学療法士によるリハビリが充実し、管理栄養士などによる専門的なサービスが受けられます。また、医師や看護師による管理体制が昼夜を問わず整っているため、利用者にとって非常に心強く、安心できる施設といえます。 ・・・「続きを読む」

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)とは

「特別養護老人ホーム」は、介護が必要になった高齢者の方のための、公的な介護施設のひとつです。省略して「特養」とも呼ばれますが、介護保険上では、「介護老人福祉施設」と明記されます。 特別養護老人ホームの特徴 「特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)」は、社会福祉法人や地方公共団体などが運営する、原則65歳以上の高齢者が対象の老人ホームです。厚生労働省によれば、「特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)」は、平成26年(2014)10月1日時点で7,249施・・・「続きを読む」

介護療養型医療施設とは

「介護療養型医療施設」は、重度の要介護者に医療ケアやリハビリを行う医療施設です。また、それぞれの能力に応じ、自立した日常生活を営めるようにするための施設でもあります。 介護療養型医療施設の特徴 「介護療養型医療施設」は、主に医療法人が運営する施設です。医療的管理が必要な原則65歳以上で「要介護1」以上の認定を受けた高齢者が対象です。要支援1・2の方は利用できません。また、施設によってさまざまですが、「伝染病などの疾患がない」「長期入院を必要とし・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ