介護ガイド

介護ガイド

高齢者の住まいの選び方

介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅のサービスの違い

「介護付有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」は共に、民間事業者が運営する高齢者のための居住施設です。 それぞれの施設区分(ホームの種類)によって介護サービスの提供方法が異なります。 今回は、各々のサービスの違いと一日の流れについて比較していきます。 ※有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いについての記事はこちらをご覧ください。 介護サービスの提供方法の違い 【介護付有料老人ホームの介護サービス】 主に施設が提供するサービスの利・・・「続きを読む」

小規模多機能型施設と有料老人ホームの違い

「小規模多機能施設」と「有料老人ホーム」は、どちらも高齢者のために介護サービスを行う施設ですが、2つには『在宅介護』と『入所介護』という大きな違いがあります。 在宅介護……「小規模多機能施設」 小規模多機能型居宅介護は、平成18(2006)年4月の介護保険法改正により生まれた地域密着型の介護保険サービスです。『デイサービス(通所介護)』を中心に、『ショートステイ(短期入所)』や自宅での『訪問介護』といったサービスを組み合わせ、在宅(自宅)での生活をつづけられる・・・「続きを読む」

老人保健施設と有料老人ホームの違い

「老人保健施設(老健)」と「有料老人ホーム」は、どちらも高齢者が入所できる施設で、食事の提供、入浴・排せつ・食事の介護、洗濯・掃除等の家事、健康管理、機能訓練(リハビリ・レクリエーション)などのサービスが提供されます。しかし、この2つには、同じ高齢者施設でも全く異なる性質があります。 「老人保健施設」は公的な施設 「老人保健施設」は、医療法人、社会福祉法人、地方公共団体などが運営する、公的な施設です。「老健」とも呼ばれています。「65歳以上・要介護1以上」の高・・・「続きを読む」

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」は、共に高齢者のための居住施設です。どちらも民間事業者による運営なので、共通する部分が多くあります。しかし、施設と住宅という性質の違いがあります。 高齢者の施設……「有料老人ホーム」 「有料老人ホーム」とは、入居者に、食事の提供、入浴・排せつもしくは食事の介護ほか、日常生活の介護支援を行う民間の施設です。 「概ね60歳以上」の高齢者が対象で長期利用も可能です。施設により異なりますが、医療設備や看護体制、人・・・「続きを読む」

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いとは

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い 「特別養護老人ホーム(特養)」と「有料老人ホーム」は、どちらも介護が必要になった高齢者の方のための施設です。各施設により異なりますが、食事の提供、入浴・排せつ・食事の介護、洗濯・掃除等の家事、健康管理、機能訓練(リハビリ・レクリエーション)などのサービスがあります。しかし、この2つは定義が似ていても、その性質は大きく異なります。 公的な施設……「特別養護老人ホーム」 「特別養護老人ホーム」は、社会福祉法人や地・・・「続きを読む」

特別養護老人ホームと老人保健施設の違い

介護保険サービスで利用できる公的な施設を『介護保険施設』といいます。その施設に分類されるものには、「介護が必要になった高齢者のための住まいとされる『特別養護老人ホーム(略称:特養)』、高齢者の自立・在宅復帰を目指すリハビリを中心とした『老人保健施設(略称:老健)』、重度の要介護者に医療ケアやリハビリを行う医療施設『介護療養型医療施設(略称:療養病床)』の3種類があります。 なかでも、とくに特養と老健は同列で語られることが多いのですが、その性質や役割は大きく違います。 「特・・・「続きを読む」

高齢者複合施設とは

いくつもの高齢者向け施設や介護サービスが同じ建物内にある『複合施設』は、利用者の幅広いニーズに応えるだけではなく、地域の高齢者の生活を包括的に支援してくれる大切な存在です。 複合施設の特徴 高齢者向けの複合施設とは、いわゆる異なる小さな受け皿がひとまとまりになって、大きな受け皿になった施設のことです。つまり、以下の組み合わせで、同じ建物内に施設や介護サービスが2種類以上あるということ。 ・「グループホーム」+「小規模多機能型居宅介護」 ・「介護付有・・・「続きを読む」

サービス付き高齢者向け住宅とシニア向け分譲マンションの違いとは

サービス付き高齢者向け住宅とシニア向け分譲マンションの違い 介護保険施設、福祉施設、有料老人ホームなどのほかに、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」と「シニア向け分譲マンション」といった、高齢者の方々向けの住宅があります。 「サービス付き高齢者向け住宅」は、都道府県単位で行われる登録制の住まいです。『高齢者住まい法』が平成23(2011)年に改訂され、国土交通省・厚生労働省共管として生まれました。高齢者にふさわしい住宅としての登録基準があり、概ね60歳以上の方が対象で、親族などと・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ