介護ガイド

介護ガイド

高齢者の法的支援

成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症やその他の病気、あるいは高齢によって認知能力が低下して財産の管理や身の回りの世話の為の介護サービスおよび老人ホームへの入所などの契約行為が正常にできなくなったときに支援する制度のことです。 成年後見制度を利用することで、判断能力の低下した人の財産が第三者による私的流用、およびだまされて不要な高額商品を購入するなどの経済的な損失被害を防止できます。 高齢者の財産を守るために必要な成年後見制度とは 高齢者を狙った犯罪の手口は悪質で・・・「続きを読む」

老人ホームにに入所するときに必要な身元保証とは

少子化、核家族化、高齢化の進展に加えて近年の未婚率や熟年の離婚率の増加などで1人暮らしの高齢者が増加しています。健康で元気なうちはひとり暮らしでも問題なくても、日常生活に支障がでるようになると老人ホームに入所を検討しなければならなくなります。 このとき、身元保証をしてくれる家族がいないと入所が困難なことをご存じでしょうか。公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートの調査結果を国道交通省の小委委員が作成し、2017年1月に発表したデータによると、入所・入院するときに身元保証を求める割合は・・・「続きを読む」

家族信託で高齢者の資産管理をする

高齢化の進展で、家族信託という資産管理の制度・手法が注目を集めています。まだあまり広く認知されていない家族信託とはどのような制度・手法なのか、なぜ注目されているのか、家族信託を利用するメリット・デメリット、および家族信託が利用されている事例について紹介します。 家族信託とは 家族信託とは、資産の管理を委託する委託者(高齢者など)が、委託者の資産の恩恵を受ける受益者(委託者の子どもなど)のために、受託者(家族など)が委託者の目的・意図に基づいて委託者の資産を・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ