• guide_icon_5
  • 通所リハビリテーション(デイケア)とは

通所リハビリテーション(以下 通所リハビリ)は、普段は自宅で生活を送っている要介護者・要支援者が、より自立した日常生活ができるよう支援するサービスのひとつです。利用者は、通所リハビリを提供している、病院、老人保健施設、診療所などの施設に通い、そこで指導や訓練を受けることができます。デイケアと呼ばれることもあります。

通常「リハビリ」というと、事故や病気が原因で失われた身体機能を回復させるために行う訓練のようなもの、と考えられることが多いでしょう。しかし、ここでいうリハビリとは、単に身体の機能回復だけにとどまらず、その人が心身ともに生き生きと明るく、自分らしい生活を送ることができるようにサポートすることをいいます。
そのため、身体機能の回復訓練だけでなく、食事や入浴といった日常生活の支援をしたり、レクレーションやゲームを通して身体機能を高めたりすることもあります。

通所リハビリを行う施設では、次のような医療スタッフが、それぞれの専門分野から、利用者に必要なリハビリメニューを提供します。

・理学療法士(PT)
日常生活を送るために必要な、立つ・歩く・座るといった運動療法を中心に、筋肉や関節を動かす運動を通して、身体機能の回復を図ります
・作業療法士(OT)
 学習や仕事の能力を高めるために、手先を使った手工芸・園芸などの活動をサポートしたり、入浴や食事といった動作のサポートを行います
・言語聴覚士(ST)
 話す、聞く、発音するといった、コミュニケーションに関わる機能を回復させるほか、噛む、飲み込むといった、食べる機能回復のサポートを行います

  • guide_icon_5
  • 通所リハビリと訪問リハビリでは、どちらを選ぶべき?

 介護保険のリハビリサービスでは、「通所リハビリ」が基本となっています。
 どうしても通うことが困難であったり、通所リハビリではその人が自宅で生活するための
訓練ができないと判断されたりした場合に、訪問リハビリ介護を受けることができます。

  • guide_icon_5
  • 通所リハビリ(デイケア)を利用するには

通所リハビリのサービスを受けるには、下記の条件を全て満たす必要があります。
・要介護1~5、または要支援1~2の認定を受けているた
・主治医から、通所リハビリが必要との診断を受けているた
・家族の送迎または本人の自力で施設まで来ることができる
40~64歳で要介護状態となった方については、その原因が16種類の特定疾病による場合に対象となります。

  • guide_icon_5
  • 通所リハビリ(デイケア)のメリット・デメリット
  • guide_icon_1x
  • 通所リハビリ(デイケア)のメリット

・体力の向上や維持ができ、心身の機能が回復する
・病院のような、リハビリのための設備が整っているところでリハビリができる
・専門家の指導を受けることができる
・リハビリという目的があるので、施設でも退屈に感じることが少ない
・生活が規則的になり、リズムができる
・外出の機会ができ、引きこもりを予防できる
・家族以外の人とのコミュニケーションがとれる
・普段からも健康や生活に気を付けるようになる
・介護をしている家族の負担軽減になる

  • guide_icon_1x
  • 通所リハビリ(デイケア)のデメリット

・施設によって、リハビリ設備に差がある
・大勢が集まる施設では、一人ひとりに目を配られる時間が少なくなる
・人とかかわることが苦手な人にとっては、ストレスに感じることがある

  • guide_icon_5
  • 通所リハビリ(デイケア)にかかる費用はどれくらい?

 要介護の方の料金の目安(1回当たり)
所要時間/要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1時間~2時間未満 329円 358円 388円 417円 448円
2時間~3時間未満 343円 398円 455円 510円 566円
3時間~4時間未満 444円 520円 596円 673円 749円
4時間~6時間未満 559円 666円 772円 878円 984円
6時間~8時間未満 726円 875円 1,022円 1,173円 1,321円
※「厚生労働省 通所リハビリテーション費(H27年4月1日施工)」を参照
※利用者負担1割の場合の料金です。一定の所得がある人の場合は、負担が2割になります

 要支援の方の料金の目安(1か月あたり)
共通的サービス 選択的サービス
・要支援1   1,812円
・要支援2   3,715円 ・運動器機能向上   225円
・栄養改善      150円
・口腔機能向上    150円
※「厚生労働省 通所リハビリテーション利用者負担」を参照
※利用者負担1割の場合の料金です。一定の所得がある人の場合は、負担が2割になります

通所リハビリは、「リハビリによって、より自立した生活ができるようになりたい」という目的があるので、利用者のモチベーションも高まりやすく、生活にメリハリがつきます。一人ひとりの状態に応じて、適切な指導や訓練が行われる一方で、施設によっては設備等が十分でない場合もあります。
その方にとって、どんなリハビリが必要なのか、必要なリハビリサービスの提供が十分に行われるのはどの施設かなど、専門家に相談しながら検討を進めるとよいでしょう。

  • guide_icon_3
  • まとめ

・通所リハビリでは、身体の機能回復だけにとどまらず、その人が心身ともに生き生きと明るく、自分らしい生活を送ることができるようにサポートします
・要介護1~5、または要支援1~2の認定を受けた方で、医師から通所リハビリが必要と診断された方が対象となります。自力で、または家族の送迎で施設まで来られることが必要です。
・通所リハビリは、設備の整った施設で、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門家の指導を受けながら行うことができます。