• guide_icon_2x
  • 住み慣れた家にいながら利用ができる「訪問介護」

訪問介護サービスは、訪問介護員(ホームヘルパー)が介護を必要とされる方の自宅を訪ね、日常生活をサポートするサービスです。訪問介護には、大きく二つのサービスがあります。

  • guide_icon_3
  • 身体介護サービス

寝たきりの方の体位交換、自宅のお風呂に入るときの介助、洗面や歯磨きの手伝い、おむつ替え、トイレの補助、食事の補助、外出時の介助など、介護を必要とされる方の身体に直接触れて行うサービスです。日常生活の中で、ご本人が「自分でやりたいこと」「できそうなこと」をサポートすることで、意欲や自立心を向上させることが期待できます。

  • guide_icon_3
  • 生活援助サービス

代わりに買い物をする、食事の用意をする、洗濯をする、シーツの交換を行う、薬を受け

取りに行くなど、ご本人や介護をするご家族の日常の生活をお手伝いするサービスです。

ご利用者が単身であったり、ご家族が病気や障害をお持ちのために、要介護者の日常生活

のサポートが困難な場合にご利用いただけます。

※提供されるサービスの内容は、事業者によって異なります。

  • guide_icon_1x
  • 訪問介護を利用できる条件は?

訪問介護の対象となるのは、原則65歳以上の高齢者で要介護1以上の認定を受けた方になります。

40歳以上65歳未満の方は、介護が必要となった原因が、国の定める特定疾病による場合、介護認定を受けることができ、訪問介護サービスを受けることができます。

  • guide_icon_5
  • 訪問介護を利用するには?

まずは、担当のケアマネージャーに相談してみましょう。ご本人やご家族が困っていること、支援してほしいこと、訪問介護を利用することでどんなサービスが受けられるのかなどを確認します。

具体的に受けたいサービスが決まってきたら、ケアプランを作成します。ケアプランは自分で作ることもケアマネージャーに依頼することもできます。利用したいサービス、週に何回利用するかなど、詳細なプランを立ててみましょう。

プランができたら、訪問介護サービスを提供している事業者と契約を交わし、サービス開始となります。

  • guide_icon_4x
  • 訪問介護にかかる費用

訪問介護にかかる費用は、およそ次のようになります。これはあくまでもだいたいの目安で、実際は、時間帯や市区町村によって多少異なります。

訪問介護サービスの料金の目安

houmonkaigo_01

参考:東京都世田谷区・足立区

一定以上の所得があるご利用者の場合は、負担が2割になります。また介護保険サービス以外の支援を受ける場合は、別途自己負担金がかかることがあります。詳しくは、担当のケアマネージャーに相談するか、訪問介護サービスを提供する事業者に確認してみましょう。

  • guide_icon_1x
  • 訪問介護のメリット・デメリット
メリット

なんといっても、住み慣れた自宅で生活できるため、介護を必要とされる方が安心して介護を受けることができるでしょう。担当のケアマネージャーが、それぞれの家の環境やご家族の状況などを把握することで、きめ細やかなサポートを受けることができます。

デメリット

自宅で生活できる反面、その自宅に他人が入ってくるということに抵抗感を示す方もいます。また、外に出る機会が少なくなることから、大勢の人とのコミュニケーションの機会が減り、刺激の少ない生活をしがちになることもあります。また、訪問介護の時間は限られているため、ご家族の負担が劇的に軽減されるわけではないことは認識しておきたいところです。

なお、訪問介護は「家事代行」ではないので、要介護者の生活と直接関係ないことのサポートはできません。たとえば、ペットを散歩させる、庭の草むしりをする、大掃除をする、洗車をする、来客対応、などは、サービスの対象外です。

また、訪問介護職員には、医療行為は認められていません。平成24年4月から、一定の条件下であれば介護職員による痰の吸引や経管栄養の処置が認められるようになりましたが、医師の指示が必要です。

訪問介護サービスを利用するにあたって、分からないことや不安なことがあったら、まずは信頼のできる専門家に相談してみることをお勧めします。

  • guide_icon_1x
  • まとめ

・訪問介護サービスには「身体介護サービス」と「生活支援サービス」があります。

・時間や受けるサービスによって1割(または2割)の自己負担金がかかります。

・メリット・デメリットを理解して、個々に合ったサービスを利用しましょう。

・不明な点は、ケアマネージャーなど、各専門家に相談しましょう。