• guide_icon_2x
  • 「訪問看護」とは

訪問看護とは、病気や障害を持ちながらご自宅で療養している方を看護師などが訪ね、自立への援助を促したり療養生活をサポートしたりするサービスです。訪問看護を行うスタッフは、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの国家資格を持っています。これらのスタッフは、地域の訪問看護ステーション、病院やクリニックといった医療機関、民間の訪問看護事業者などに所属しています。

  • guide_icon_5
  • 「訪問看護」を利用するには

訪問看護は、年齢や性別を問わず、病気や障害のある方すべてがご利用できます。
訪問看護は、介護保険または医療保険(健康保険)を利用することができますが、どちらの場合も、かかりつけ医による「訪問看護指示書」が必要となります。

介護保険での利用は、要支援または要介護認定を受けた方が対象となります。要支援または要介護と認定された場合は、医療保険よりも介護保険を優先して利用しなくてはならないという制度上の決まりがあります。後者のほうが自己負担割合が小さいというメリットもあります。ただし、介護保険サービスは、月間の支給限度額があるので、他の介護サービスを多く利用してしまうと、訪問看護が十分に利用できなくなることもあるので、注意が必要です。

一方、重い病気であったり終末期など深刻な症状のある方、急激に症状が悪化して訪問看護が必要となった方などは、医師が必要性を認めれば医療保険の訪問看護を利用することができます。

また、介護保険と医療保険の二つを同時に平行して利用することができない点は、留意しておきましょう。

これらの公的な保険制度を利用するメリットは、利用料金のうち、一定の割合が保険から支払われる、全国のどこの市町村でも、同じサービスが提供されているといった点です。

反対にデメリットは、利用できる回数や時間に制限があるという点になります。

病状やご家族の事情等により、もっと手厚く十分なサービスを必要とするという場合には、自費での民間の訪問看護サービスを利用し、不足分を補うこともできます。

介護保険による訪問看護 医療保険による訪問看護 自己負担による訪問看護
サービス利用の条件 ・65歳以上で、要支援または要介護の認定を受けた人
・40歳以上65歳未満の16特定疾患の方で、要支援・要介護の認定を受けた人
介護保険の対象外の方で、重い病気であったり終末期など深刻な症状のある方、急激に症状が悪化して訪問看護が必要となった方など 特になし
支給限度額 あり なし なし
利用回数や
時間の制限
介護保険サービスの支給限度額内で収まる回数・時間 一般的に週1?3回程度、1回最大90分まで。必要に応じて、90分を超える看護を週1回、などに調整も可能 なし
  • guide_icon_3
  • 訪問看護で受けらるサービス

訪問看護で提供されるサービスには、主に次のようなものがあります。

【健康状態の観察・チェック】

・血圧、体温、呼吸、脈拍などのバイタルチェックなど、ご利用者の健康状態のチェック

・病気の経過観察や助言

【医師の指示に従っての医療処置】

・点滴や採血、痰の吸引などの医療的な処置

・在宅酸素、人工呼吸器といった医療機器やカテーテルの管理

・服薬の指導、管理

・床ずれなど創傷の手当て

【療養生活のお世話】

・入浴やシャワー、洗髪の補助

・食事や排せつの介助

・口腔ケア

・着替えや整髪といった身だしなみを整えるお手伝い

【在宅でのリハビリテーション】

・寝返りの仕方の指導や、関節・筋肉を動かすための運動指導

・食事や排せつ、入浴、歩行といった生活リハビリ

【心理的な介護】

・不安定な心理状態のケア

・リラックスしていただくためのマッサージ

・会話やおしゃべりのお相手

・社会復帰への相談・援助

【介護をするご家族への支援・サポート】

・看護や介護のアドバイス、技術的な指導

・健康管理や日常生活に関する相談

・精神的なサポート

【認知症ケア】

・認知症の方を看護・介護するためのアドバイス

・コミュニケーションのサポート

・事故防止のケア

【介護サービス全体に関わる相談】

・さまざまな介護サービスの紹介

・介護サービスの使い方の相談・アドバイス

【終末期のケア】

・入退院の相談

・さまざまなサービス・施設の紹介

・痛みの緩和、コントロール

・ご本人、ご家族の精神的なケア

 

ほかにも、自宅療養が快適に行えるよう住宅改修の相談に乗ったり、車いすや介護ベッドなどの福祉用品の紹介をしたりなど、ご利用者が快適に自宅で過ごせるためのこまやかなケアを専門家の立場から行います。

 

  • guide_icon_4x
  • 「訪問看護」の費用はどれくらい?
◯各種保険サービスを利用した場合
医療保険
基本利用料(1回90分以内)
・老人医療受給者 1割負担 ただし、一定以上の所得がある人は3割負担
・各種健康保険の対象者 健康保険負担割合分
生保・障・都 受給者証をお持ちの方 無料 ただし、障 において、一部の表示の受給者証をお持ちの方は、老人保健法の規定に基づき、一部負担金が必要になります。
※90分以上の訪問看護、営業時間外の訪問看護、交通費、介護用品などは、別途料金となります。
介護保険
看護(1回あたり) ※初回加算、緊急時訪問看護加算、特別管理加算など、状況に応じて加算額が発生することがあります。
30分未満 512円
30分以上60分未満 900円
60分以上90分未満 1,234円
リハビリ(1回あたり)
20分 343円
40分 685円
60分 924円
(2016年7月現在の東京都府中市の場合)

 

◯自費の場合

かかった費用の全額が自己負担となります。

訪問看護サービスには、さまざまな提供メニューがあります。また利用する保険制度によって、提供される内容や自己負担額にも違いがでてきます。
在宅での訪問看護を少しでも快適に受けられるよう、分からない点があったら、ぜひ積極的に専門家に相談してみるとよいでしょう。

  • guide_icon_2x
  • 【まとめ】
  • 訪問看護は、病気や障害がある方が自立した自宅療養生活を送るための、さまざまなサポートを行うサービスです。
  • 訪問看護の利用は「介護保険」や「医療保険」を利用して申し込むことができます。
  • 介護保険、医療保険、全額自己負担、それぞれのメリット、デメリットをおさえておきましょう。