• guide_icon_2x
  • 「訪問入浴」とは

訪問入浴は、看護師を含めた3名のスタッフ(※)が、専用の入浴槽を装備している移動入浴車でご自宅に伺い、寝たきりの方や一人で入浴が困難な方の入浴をお手伝いするサービスです。寝たままの体勢でも負担なく安全に入浴してしいただくことができます。

入浴前には、同行している看護師が、血圧や体温、体調のチェック等を行います。サービス内容には、入浴・洗髪のほか、爪切り、ひげ剃り、散髪、ドライヤー、シーツ交換などがあります。

所要時間は、訪問から終了まで、約1時間ほどです。ご利用される方の状態(寝たきり、歩行困難、など)、サービス内容(全身浴、部分浴、清拭、など)、ご自宅の状況(一軒家、マンション・アパート、など)によって、前後することがあります。

室内に専用の浴槽を持ち込んで行いますが、だいたい畳2畳分くらいのスペースがあれば、利用が可能です。

(※主治医が支障なしと判断した場合は、看護師が同行せず、介護職員3名の体制で実施されることがあります。)

  • guide_icon_5
  • 「訪問入浴」を利用するには

「訪問入浴は、要介護1?5と認定された方が利用できるサービスです。

要支援1?2と認定された方の場合は、要介護状態になることを予防する、あるいは現在の状態が悪化しないようにすることを目的とした「介護予防訪問入浴介護」が受けられます。
いずれの場合も、医師から入浴を許可されている方に限ります。

訪問入浴を利用をするためには、まず担当のケアマネージャーに相談をし、訪問入浴を提供しているサービス提供者への連絡を取ってもらいましょう。
事業者が決定したら、サービスの回数や内容を決め、ケアプランを作成します。またその事業者からご利用者の主治医に、入浴の許可を確認してもらっておきましょう。

  • guide_icon_1x
  • 訪問入浴のメリット・デメリット
【訪問入浴のメリット】
  • 身体全体を清潔に保つことがでます。細菌やウイルスの感染予防にもなります。
  • 血行が促進されることにより、体の機能が活発になります。便秘、床ずれ、冷えなどの予防・解消にも役立ちます。
  • 気分転換やリラックス効果が期待できます。緊張が緩和されたり、清々しい気分になったりすることによって、よく眠れるようになることもあります。
  • 介護されているご家族の、心身の負担軽減になります。
【デメリット】

・介護を受ける方の中には、家族以外の見知らぬ人に体を見られたり触られたりすることに抵抗を感じる方もいます。

  • guide_icon_4x
  • 「訪問入浴」の費用はどれくらい?

 

要介護の方の訪問入浴にかかる料金(目安)
全身浴 看護師1名・介護職員2名の場合 1,200円?1,300円/回
介護職員3名の場合 1,100円?1,200円/回
部分浴/清拭 看護師1名・介護職員2名の場合 900円前後/回
要支援の方の訪問入浴にかかる料金(目安)
全身浴 看護師1名・介護職員2名の場合 800円?900円/回
介護職員2名 800円?850円/回
部分浴/清拭 看護師1名・介護職員2名の場合 600円?650円/回

 

上記の料金は、利用者が介護保険の1割を負担した場合の目安の金額です。一定以上の所得がある方の場合は、自己負担が2割になります。
正確な料金は、各自治体やサービスを提供する事業者、サービス内容、訪問する時間帯によってことなります。各事業者等に確認してみましょう。

入浴には、体を清潔に保つだけでなく、血液循環を良くしたり代謝機能を高めたりする働きがあります。また心身ともにリラックスできるため、気分がほぐれてコミュニケーションが活発になる方もいらっしゃいます。
一方で、介護をされるご家族にとって、入浴の介護は負担が大きいものです。訪問入浴を積極的に利用してみたいと考えられる一方で、何か不安や疑問、不明な点などがある場合は、ぜひ専門家に相談してみましょう。