• guide_icon_2x
  • 「訪問リハビリテーション」とは

訪問リハビリテーション(以下、訪問リハビリ)とは、ご利用者が自宅で生活していくうえで自分でできることを増やしたり、生活範囲を広げたりするために提供されるサービスです。寝たきりにならないよう、医師からリハビリが必要と判断された方で、さまざまな理由で通所でのリハビリが困難な方が対象となります。生活する能力を維持・向上させるために行われるものであり、病院等で行われているような、専門の器具を使った歩行訓練や機能回復訓練のようなものとは異なります。

訪問するスタッフは、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士といった、リハビリの知識や技術を持った専門家です。ご本人やご家族の状況、ご自宅の間取りや構造などを考慮しながら、一人ひとりに合ったリハビリメニューを考えます。また、ご本人もご家族も無理なく続けられるような訓練法や、介助の仕方、環境整備などを、専門家の立場から指導してくれます。

  • guide_icon_3
  • 訪問リハビリには、大きく分けて二つのサービスがあります。
【日常生活に関するリハビリ】
  • 自宅内や周辺での歩行練習
  • 起き上がる、横になる、寝返りをうつ、立ち上がる・座る、などのさまざまな基本的な動作の練習
  • 階段を上がる、着替える、入浴する、トイレに行く、車イスに乗り降りする、などの日常生活を送るうえでの動作練習
  • 料理や掃除など、簡単な家事の練習
  • 散歩や趣味など、簡単なレクリエーション
【身体の機能に関するリハビリ】
  • 関節が固まったりこわばったりしないような予防
  • 筋力を維持させるための軽い運動など
  • 体力を維持させるための軽い運動など
  • 上記のような予防や運動を、自分でできるよう指導、アドバイス

ほかにも、言葉によるコミュニケーションがうまく取れない場合や、食事が上手にできない場合などには、その対策方法を検討したり、その人に必要な福祉用具やリフォームについてのアドバイスなどを提供してもらうことができます。また、介護をしているご家族の負担軽減に関する相談などにも乗ってもらうことができます。

※自治体や事業者によって提供されるサービスの内容は異なります。

  • guide_icon_5
  • 「訪問リハビリ」を利用するには

訪問リハビリの利用は、要介護1?5、要支援1?2の認定を受けた方で、主治医から訪問リハビリが必要と認められている方が対象となります。40?64歳で要介護状態となった方については、その原因が16種類の特定疾病による場合に対象となります。

要支援1?2の方は、「介護予防訪問リハビリ」の対象となります。

「リハビリを受けたいけれど通院は難しい」、「自宅でのリハビリのやり方を知りたい」、といった場合には、まず担当のケアマネージャーに相談し、訪問リハビリの検討を始めましょう。受けたいサービスが決まったら、ケアマネージャーからサービスの提供者に連絡をとってもらいます。事業者が決まったら、そのサービス提供事業者から主治医に「訪問リハビリ」の提供の許可を確認してもらっておきましょう。

  • guide_icon_1x
  • 訪問リハビリのメリット・デメリット
【訪問リハビリのメリット】

何よりも住み慣れた自宅でリハビリができるので、ご利用者がリラックスしてサービスを受けることができます。また、その人の住環境に応じて、生活に役立つ実践的なメニューでのリハビリができ、一人ひとりに合った目標を設定できます。例えば「一人で○○商店街に買い物に行けるようになりたい」といった具体的な目標ができることで、前向きにリハビリに取り組めるといった効果も期待できます。

【訪問リハビリのデメリット】

リハビリ専用の機器や環境が整っていないため、訓練の内容が限られる面があります。また、訪問リハビリが提供できる事業者は、病院・診療所・介護老人保健施設に限られているため、地域によってはサービスの提供が不足したり、希望する内容での利用ができない場合があります。

  • guide_icon_4x
  • 訪問介護にかかる費用
◯要支援の方
サービスの実施時間 利用者の負担
基本料金 20分以上/回 327円/回
 

加算料金

サービス提供体制加算 20分以上/回 7円/回
短期集中リハビリ加算 217円/日
訪問介護連携加算 325円/3か月

 

◯要介護の方
サービスの実施時間 利用者の負担
基本料金 20分以上/回 327円/回
 

 

加算料金

サービス提供体制加算 20分以上/回 7円/回
短期集中リハビリ加算 217円/日
リハビリマネージメント加算? 65円/月
リハビリマネージメント加算? 163円/月
社会参加支援加算 19円/日

※名古屋市総合リハビリテーション事業団の金額を参考

上記の料金は、利用者が介護保険の1割を負担した場合の目安の金額です。一定以上の所得がある方の場合は、自己負担が2割になります。

料金は自治体や事業所によって異なる場合があります。また、上記の表中の加算料金については細かな規定もあります。訪問リハビリをどのように利用したらいいか迷ったときは、専門家に相談してアドバイスを受けるのがよいでしょう。

  • guide_icon_1x
  • 訪問マッサージの併用も

訪問リハビリは、介護保険を活用するため、他の介護サービスの枠が少なくなります。よって、訪問リハビリと訪問マッサージ(医療保険)を併用し、リハビリを強化する方も年々増加しています。