• guide_icon_5
  • 福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターは、体に障害を持ったり年齢を重ねたりすることによって、普段の生活に不便を感じるようになった方が、できるだけ自立した生活を送ることができるよう、住環境を改善提案する役割を担っています。単純に、家の中の段差を解消したり、手すりを取り付けたりするようなことだけではなく、その人にとって最適な住環境はどのようなものか、何が必要なのかを見極める必要があります。そのために、医療、福祉、建築などについての幅広い知識を身に付け、各分野の専門家と連携したり、調整を行います。また、住宅改修をする場合には、介護保険から助成金が出る場合があります。場合によっては改修ローンを組むケースもあり、こういった金銭面での知識や手続きも必要になります。利用者本人やその家族が、これらの異なる専門分野の間に立って、調整を行うのは困難です。福祉住環境コーディネーターは、住環境整備にかかわるあらゆる分野の知識を持つことによって、利用者一人一人にとって最も快適で役立つ住環境の整備を提案することが期待されています。

  • guide_icon_5
  • 福祉住環境コーディネーターになるには

福祉住環境コーディネーターの資格は1級から3級まであります。特に受講資格は決められておらず、誰でも受験することができます。2級から受験したり、2級・3級を併願することも可能です。
3級は、主に高齢者に関する福祉、住宅についての基礎知識が中心です。2級に合格すると、「居宅介護住宅改修費の申請理由書」を作成することができるようになるので、その分、試験の難易度も高くなります。1級では、2級までの内容を総合的に理解したうえで、「計画支援」を作成できるだけの知識が問われます。

  • guide_icon_5
  • 福祉住環境コーディネーターが働く場とは

資格があると、主に次のような分野での活躍が期待できます。

・福祉関連
在宅介護支援センター、高齢者福祉センター、介護保険施設、訪問看護事業所、グループホーム、デイケアサービス施設、老人ホームなど。
福祉住環境コーディネーターは、その職種単体で仕事を得るほか、ケアマネージャーや福祉用具専門員、介護福祉士、社会福祉士などが、介護に関する知識をより幅広く持つために受験することも多いようです。

・建築関連
建築会社、リフォーム会社、工務店、設計事務所など

・介護関連ショップ、量販店、福祉機器メーカー
家のバリアフリーや改修に関わる商品の開発、企画、販売など

・医療、保健関連
リハビリテーション設備のあるような病院、クリニック、保健所など