少子高齢化の進展で同居家族のいない高齢者夫婦や1人暮らしの高齢者が増加しています。高齢になると今までできていた簡単なこともできなくなります。また、ケガをする危険性が高く、やればできることも無理をしないほうが良いことも増えることになるでしょう。その結果として不便な生活を強いられる高齢者が増えています。

同居家族がいれば問題ないのですが、その同居家族のいる世帯も少なくなっており、介護保険サービスではカバーできていないきめの細かい介護保険外サービスが求められています。それは高齢者自身がQOLの高い生活を送るためにも必要です。また、介護をする家族にとっても介護保険サービスと組み合わせて介護保険外サービスを利用することで負担を大幅に減らせます。要介護認定を受ける前から家庭内労働の代替ニーズがあり広く利用されている介護保険外サービスのなかから家事代行サービスについて紹介します。

  • guide_icon_5
  • 家事代行サービスの利用例

家事代行サービスが提供するサービスを利用すれば、高齢のために思うように自分いろいろな作業ができない高齢者自身、および介護で疲れている家族にとって肉体的にも精神的にもゆとりを持った楽で安全な生活が送れます。
利用の仕方としては、100人100通りのさまざまないろいろな利用方法があります。

  • 掃除 イメージ

    掃除

    ご家族の部屋、台所・浴室・洗面所、エアコン、換気扇、排水口、ベランダ、床のワックスがけ、庭、玄関周りなど家の内外を美しくあるいは清潔にしたいときに依頼できます。

  • 買い物 イメージ

    買い物

    日常的に行くスーパーや近くの小売店ではなく、足腰が弱くて1人では出かけられない遠方のデパートや専門店でおいしい食材、お気に入りの洋服、趣味の品物などの買い物に行きたいときに利用できるのが買い物の付き添いサービスです。あるいは、外出しなくても買ってきてもらえるだけでもよい場合には買い物代行サービスが利用できます。

  • 食事作り イメージ

    食事作り

    要介護者だけでなくご家族全員の食事を好きな食材、好きな味付けで調理を依頼して、家族全員でゆっくりと食事をしたいときに依頼できるサービスです。高齢者が1人の場合は、食事時の会話にも付き合ってもらえます。定期的に依頼することで栄養バランスも考慮した食事を作ってもらえます。

  • 食事の後片付け イメージ

    食事の後片付け

    食事中だけでなく、食後にゆっくりと家族全員がくつろいで会話をしたいときや、食後の後片付けが真冬につらいときや高齢で毎日片付けるのがつらいときに依頼できるのが食事の後片付けサービスです。

  • 洗濯 イメージ

    洗濯

    洗濯はできるけど、洗濯済みの衣類を干す作業、洗濯を取り込む作業、アイロンがけ作業、洗濯物を整理して収納する作業などまで毎日行うのは大変だと思うときに依頼できるサービスです。もちろん洗濯そのものも依頼できます。

  • ゴミの仕分け・ゴミ出し イメージ

    ゴミの仕分け・ゴミ出し

    ゴミの集積場が遠い、ゴミが多くて、また重くて持って行くのがつらい、あるいはゴミの分別が面倒、新聞回収に出すために整理をするのが大変と思うときに依頼すると便利なサービスがゴミ出し・仕分けサービスです。

  • 布団干し・布団の入れ替え イメージ

    布団干し・布団の入れ替え

    布団を干すのは結構重労働です。また、季節にあった布団を押し入れから出して、使わない布団をしまうのも高齢者には重労働です。ご家族にとっても楽をしたいときに依頼できるのが布団干し・布団の収納サービスです。毎日のふとんの上げ下げも必要なら依頼できます。

  • 収納物の整理 イメージ

    収納物の整理

    食器棚、タンス、冷蔵庫などの奥のほうに収納物があったり、高い場所にあったりして取り出しにくいとき、あるいは収納している食器、食材、衣服などを整理したいときに依頼できるのが収納物の整理サービスです。賞味期限切れ食材や不要な食器、衣服などの処分も依頼できます。

  • その他サービス イメージ

    その他サービス

    その他、ペットの世話、庭木の水やり・せん定、草むしり、部屋の模様替えなど日常生活でできなくて困っていること、自分ではしないでゆっくりと時間を使いたいときなど、さまざまな家事に関することを代わりに依頼できるサービスがあります。また、調理後のガスや冬の季節の暖房器具などスイッチを切り忘れていないかを確認すること、戸締まりの忘れていないかを注意してもらえるサービスも依頼できます。

例えば、以下のような一週間単位の家事代行サービスの利用例が考えられます。

 
午前 買い物代行(介護保険外サービスの定期利用)       買い物代行(介護保険外サービスの定期利用)    
午後 買い物代行(介護保険外サービスの定期利用)   訪問入浴(介護保険サービス) 部屋の模様変え(介護保険外サービスのスポット利用) 訪問入浴(介護保険サービス) 夕食調理と後片付け(介護保険外サービスの定期利用) 夕食調理と後片付け
  • guide_icon_5
  • 家事代行サービスの費用

家事代行サービスの費用は、一般的には「時間単価×サービスを受ける時間」で決まります。時間単価はサービス提供する会社で異なります。1時間や2時間など決められた時間内に利用者の希望に合わせて家事を行います。時間単価は提供されるサービス内容によって1時間あたり2,500円~6,500円(税別)程度の幅があります。単価は都市部や地方での違い、定期的に依頼する場合とスポットで依頼する場合、1回あたりの依頼の時間数によって異なってきます。この費用に加えて通常1回あたり1,000円前後の移動費(交通費)加わります。また入会金・登録料が必要なサービス会社もあります。

  • guide_icon_5
  • 家事代行サービスの利用方法

1.入会申し込み
まず、家事代行サービス会社のホームページから入会を申し込むか、電話で入会申し込み書を請求して入会申し込みを行います。

2.サービス内容の説明を受けて納得できればサービスの申し込み
家事代行サービス会社に利用したいサービスを要望します。提供されるサービスや費用を確認して納得できればサービスの利用を申し込みます。

3.サービス提供スタッフの紹介後サービス開始
家事代行サービス会社から希望するサービスの内容に適したスタッフが紹介されてサービスが開始されます。

  • guide_icon_5
  • まとめ

家事代行サービスで受けられるサービスは家事全般にわたります。

具体的には以下のようなサービスがあります。

・調理
・料理後の食器洗いなど後片付け
・買い物
・家屋内外の掃除(部屋、浴槽、庭など)
・収納品の整理・整頓
・洗濯
・ゴミ出し
・アイロンがけ
・蛍光灯・電球の交換
・重い家具や家電製品の移動 など

  • guide_icon_3
  • おしまいに

介護保険外サービスのなかでも利用頻度の高い毎日の家事の代行を依頼できる家事代行サービスの内容、概略の費用、サービスの利用方法、および利用例について紹介しました。QOLの高い満足できる生活を送るために、介護保険で利用できるサービスだけではできない介護保険外サービスを組み合わせて利用することを検討してみてください。