• guide_icon_1x
  • 健康型有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、入居者に、食事の提供、入浴・排せつもしくは食事の介護ほか日常生活の介護支援を行う、民間事業者が運営する施設です。
有料老人ホームには、「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類があります。そのなかの「健康型有料老人ホーム」とは、自立した高齢者のための、食事などのサービスが付いた有料老人ホームのことです。

  • guide_icon_2x
  • 健康型有料老人ホームの特徴

施設により異なりますが、基本的には60歳以上の、要介護認定を受けていない健康な高齢者が対象です。「介護の必要はないけれど、独り(もしくはご夫婦)での生活が不安な高齢者の方のための住まい」というイメージです。リハビリのため、あえて多少の段差を設けている施設もあります。介護が必要になった場合は退去が原則ですが、施設によって介護付有料老人ホームが併設しているなど、状況に応じて介護を受けられる居室に移動できる場合があります。

レクリエーション設備を充実させている施設が多く、同じく健康な同世代の方と交流もできるので、老後の生活を楽しむには最適な場所といえます。ただ、共用設備が充実していることもあり、入居一時金・月額費用は比較的高めです。施設によってはホテル並みのサービスを受けることも可能といわれています。

平成25年度老人保健健康増進等事業『有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究』によれば、「健康型有料老人ホーム」は、有料老人ホーム全体の0.2%で、16施設があり、定員数は611人です。3タイプの有料老人ホームのなかでは、もっとも少ない施設です。

  • guide_icon_3
  • 健康型有料老人ホームで受けられるサービス

健康型有料老人ホームは施設によって異なりますが、食事や安否確認、緊急時の対応といったサービスを受けられます。必要に応じ掃除・洗濯などの生活支援も受けることができます。また、アクティビティも充実しており、日常的にイベントや趣味のサークル活動が行われています。施設により様々ですが、カラオケ室や温泉、麻雀室に図書館、トレーニングルームやプールなど、高齢者が日々健康的に活動したり、楽しく交流できる場が提供されています。なかには、日帰りバス旅行や、豪華な誕生会を催してくれる施設もあります。

  • guide_icon_4x
  • 健康型有料老人ホームの費用の内訳

健康型有料老人ホームの費用の内訳は、以下の通りです。

【入居一時金※1】…家賃や管理費の全部、または、一部を入居時に支払い、終身にわたり施設で生活する権利を取得します。

この「入居一時金」は、期間を経るごとに少しずつ消化されていきます。それを入居一時金の「償却」といい、償却途中で入居者が退去、もしくは死亡した場合は、未償却分は返還されます。返還金の算出方法は施設によって異なりますので、入居前によく確認しましょう。

【月額利用料】

  1. 家賃…(居室や共同設備を利用するための費用)
  2. 管理費…(共同設備の維持や人件費に係る費用)
  3. 食費…(利用回数に応じた食事サービスの費用)
  4. 水道光熱費…(水道・電気・ガスなどの料金)
  5. その他…(消耗品・娯楽・健康管理など)

 

(※1)近年は、【入居一時金】がなく、【月額利用料】のみという施設も増えています。ただし、そのぶん【月額利用料】は高く設定されている場合があります。

  • guide_icon_5
  • 健康型有料老人ホームに入居するためには

健康型有料老人ホームへ入居する場合は、各施設に申し込みを行います。申込書を提出したあと、面談が行われ入居が決定します。

また、入居の際に必要となるのは、入居者の「住民票・健康保険証・介護保険証・健康診断書」など。そのほか、入居者の所得証明や、保証人を求められる場合があります。

  • guide_icon_1x
  • おしまいに

同世代の健康的な人と過ごすことで、高齢者の方はどんどん気持ちが明るくなるといいます。また、施設職員に見守られる安心感のなかで、娯楽やアクティビティを楽しみ自由に過ごすことは、心身の健康維持にも役立ちます。このように、高齢者の健やかな生活環境を提供してくれる健康型有料老人ホームは、まるでホテルのように充実した有料老人ホームともいえるでしょう。

ただ、健康型有料老人ホームが現在のニーズに合っているかというと、実はそうでもありません。入居した高齢者が年を重ねると多少の介護が必要になるのはごく自然なことですが、健康型有料老人ホームの場合、介護が必要となった場合は退去が原則です。なおかつ費用が少し高く設定されている場合が多く、全国における施設数はごくわずか。そのため、この高齢化社会において、最も探すのが難しい施設なのです。

それに、現在は「介護付有料老人ホーム」や「住宅型有料老人ホーム」、費用を軽減できる「サービス付き高齢者向け住宅」など、自立した健康な高齢者が入居できる施設がほかにも存在しています。だからこそ、健康型有料老人ホームの希少な情報はもちろんのこと、高齢者施設における情報と知識を多く持つ、専門家に相談することをお勧めいたします。「健康型有料老人ホームのような施設が良い」といったご意向があれば、それにしっかりと沿ったかたちで、あらゆるタイプの老人ホームを紹介してもらえるメリットが生まれるからです。

もしも、健康型有料老人ホームを探し続け、場所が遠すぎる、費用が高いと悩んでるならば、ぜひ一度、専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。思いのほか、早々に悩みを解決してくれるかもしれませんよ。

  • guide_icon_1x
  • 【おさらい】

健康型有料老人ホームは、介護の必要がない自立した高齢者のための老人ホームです。

介護が必要になった場合は退去することが原則ですが、施設によって介護付有料老人ホームと提携していたり、訪問介護を受けられる居室に移動できる場合があります。

食事サービスのほか、必要に応じ掃除・洗濯などの生活支援も受けられます。レクリエーションやサークル活動にイベント、娯楽設備が非常に充実しています。

■特徴:自立した高齢者のための食事サービスが付いた民間の施設

■対象者:おおむね60歳以上

■基本的に要介護認定を受けた場合は退去

■利用できる期間:一定期間

■問い合わせ窓口:各施設、老人ホーム紹介事業者