かつては自宅で最期を迎える人が8割をこえていましたが、現在では1割強まで落ち込み、代わりに8割強が医療機関で亡くなっています。一方で最期をどこで迎えたいかという厚生労働省の調査では、自宅で最期を迎えたい人が約55%もおり現実と大きな差が生じています。そして、超高齢化社会の進行と家族形態の変化や社会保障費の財源の圧迫などにより、住み慣れた地域で人生の最期まで、自分らしく暮らし続けることができるように、医療や介護のみではなく、住まいや生活支援などが連携する動きが進んでいます。
今後、自宅で最期を迎えることが増えることが予想されるため、自宅での終末期の医療・介護をどう迎えるか看取りケア・介護ターミナルケア(医療現場)について考え方・流れを解説します。

  • guide_icon_5
  • 看取りケア(施設)・ターミナルケア(医療現場)とは

看取りケア(施設)・ターミナルケア(医療現場)とは、余命が残り数週間から数カ月になった人に対する終末期の医療や看護、介護のことです。看取りケアは自宅や施設で看護、介護中心に行われ、ターミナルケアは医療現場で痛みを抑える緩和ケアを中心に行われます。いずれも、最期を迎える人に対して、精神的・身体的な苦痛を軽減して一人ひとりが自分らしい最期を自然に迎えられる目的で行われます。近年、医療技術の発達で寝たきりで意識が戻らなくても行われる延命治療や高齢者の意思を無視して行われる医療に対して、自分の意思を尊重した医療行為や最期を迎えたいと考えている人が多くなっています。今後、看取りケア(施設)・ターミナルケア(医療現場)がどう行われるかがますます重要になっていきます。

  • guide_icon_5
  • 看取りケア・ターミナルケアと緩和ケアの違い

看取りケア・ターミナルケアとよく似た言葉に緩和ケアがあります。緩和ケアは、看取りケア・ターミナルケアでも行われる医療行為なので紛らわしく誤解している人もいます。緩和ケアは、がんなどの病気の痛みを取り除きながら、あくまでも病気を治療する行為の一環として病気治療と並行して行われます。緩和ケアに対して、「緩和ケアが行われると治療方法がなくなり死を待つだけ」という誤解がありますが、これは間違った解釈です。

  • guide_icon_5
  • 最期の迎える場所の問題点と解決策

人生の最期を迎える場所は、かつては自宅が圧倒的でしたが、現在は1割強の人しか自宅で最期を迎えられていません。一方、自宅で最期を迎えたい人は5割から6割もいます。また、医療機関で最期を迎えたい人は約25%いますが、厚生労働省は療養病床の入院患者のうち医師が行う治療がほとんど必要ない人が約5割も存在するとして、社会保障費の財源の圧迫により、医療機関を退院して在宅ケアを促進する方針を強化しています。しかし自宅で最期を迎えたいと希望しても家族の協力や理解が必要となるため、自宅で療養しながら最期を迎えることが難しい場合もあります。高齢者が最期を迎える場所は、自宅、医療機関、施設の3つのいずれかですが、前述にあるように、これからは医療機関で最期を迎えることは厳しくなることもあり、自宅や施設で最期を迎えることを想定しておくことが求められるでしょう。そして、自宅や施設での看取りケア・介護についての知識を得ておく必要があります。

  • guide_icon_5
  • 看取りケア・介護の考え方、流れ

1.看取りケア・介護の考え方
看取りケア・介護は、本人の意思を大切にして肉体的・精神的な苦痛を取り除くことが一番の目的と考えて行われます。今後は、自宅、または施設での看取りが増えていくと予想されます。家族が遠方に住んでいるなどの理由により、自宅で最期を迎えたくても迎えられない場合、早い段階から施設での看取りケア・介護について話し合うことが必要です。施設によっては看取りケアができない場合もあるため、看取りを自宅で迎えることが難しい場合は、あらかじめ看取りのことも考えて入居する施設を選ぶようにするのが良いでしょう。

2.看取りケア・介護の流れ
2-1適応期(準備段階)
自宅で看取りケアを行うにあたって、本人の希望や家族の気持ちを確認し、看取り介護について理解をしていきます。

2-2安定期(最期を迎える準備段階)
適応期との考え方に変化がないかを確認し、要望の変化があれば対応しながら最期を本人の希望通りに迎えられるように十分なサポートする時期です。

2-3体調・精神の不安定・低下期(最期がいよいよ近づいてくる時期)
身体が衰弱する時期です。現在の病状を本人や家族へ伝え、その後について具体的な計画を立てていく時期です。

2-4看取り期・重篤期
何を行っても回復が見込めない時期・いつ亡くなっておかしくない時期です。本人の希望通りに最期を迎えられるように家族と協議して、葬儀の準備・手配などが行われる時期です。

2-5看取り・看取り後
亡くなった時とその後の対応時期です。医師への連絡、死亡関係の書類の準備、葬儀会社への手配、葬儀への出席、遺族のケアなどが行われます。

  • guide_icon_5
  • 看取りケア・介護の体制がある施設(特養、有料老人ホームなど)の割合

看取りケア・介護は、すべての施設で行われている訳ではありません。みずほ情報総研が2013年に行った調査によると、過去1年間で看取り介護の実績があるのは、特養で約77%、介護老人保健施設で約64%、有料老人ホーム等の特定施設で約66%、グループホームでは30%です。

  • guide_icon_5
  • 自宅や施設で「看取る」際の診療報酬加算や看取り介護加算について

施設が看取り介護を行うと、介護老人福祉施設(特養)に「看取り介護加算」、介護老人保健施設に「ターミナルケア加算」、グループホームに「看取り介護加算」が認められるようになり、今後施設で最期を迎えられる環境が整えられつつあります。

  • guide_icon_3
  • まとめ

高齢化社会を迎え最期を迎える場所として自宅や病院が核家族化や医療行政から難しくなっていくなか、施設での最期を満足して迎えられる環境が整いつつあることを説明しました。「延命治療をしない」「葬儀は身内のみ」など最期をどう迎えるかを自分自身の思うように行いたい人が増えています。そのため、どこで最期を迎えるか、看取りケア・介護をどうするかは重要です。元気なうちに検討しておくと良いでしょう。