0 0 0
0120166246 資料請求

老人ホームをお探しの方へ
感染予防金 最大10万円!


老人ホーム探し介護ガイド

老人ホーム探し介護ガイド

医療ソーシャルワーカー(医療相談員)の業務・役割

医療ソーシャルワーカーとは

近年、医療技術はめざましく進歩し、また国民の健康意識は高まり、そして少子・高齢化の進展などによって医療や介護などに対するニーズに社会的な変化が起きています。そのため従来よりも健康の管理・増進から病気の予防・治療、そして介護に至るまで包括的で継続的な医療・介護の必要性が高まっています。また医療技術の高度化や専門化、および医療保険や介護保険制度の公的支援制度の多様化や複雑化など医療や介護が必要な人やその家族にとって分かりにくくなってきています。そのため、病気治療が必要な患者や介護を受ける人、その家族にさまざまな心理的な不安が増大しており、それらの問題に対する支援が社会的に強く求められています。

その支援を適切に行うことで病気の患者や要介護の人、およびその家族の不安を解決するのが医療ソーシャルワーカーです。そこでできるだけ健康な状態で長く生活できるように、また必要なときにはよりよい医療や介護などを受けるために知っておきたい医療ソーシャルワーカーについて仕事内容や役割について紹介します。

医療ソーシャルワーカー(医療相談員)とは

医療ソーシャルワーカーとは、医療や介護施設などで病気の患者や介護が必要な人、およびその家族を社会福祉の立場から支援する専門職のことです。なお、医療ソーシャルワーカーは、英語のMedical Social Workerの頭文字をとって「MSW」とも呼ばれます。また、「医療福祉相談員」、「医療社会事業司」など異なる名称で呼ぶ医療機関もありますが、業務内容や役割は同じです。

病気になったり、介護が必要になったりすると本人やその家族には経済的・社会的・精神的な悩みや、どうすれば最もよいのか分からないことなどがたくさん出てくることがあります。そのようなときに相談に乗ったり、積極的に悩みを見つけ出したりして解決のために関係機関との調整・連携を行います。

医療ソーシャルワーカーの具体的な仕事、役割

厚生労働省は医療ソーシャルワーカーの仕事、役割について「医療ソーシャルワーカー業務指針」として以下の項目を定めています。

療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
入院、入院外を問わず、療養中に生ずる心理的・社会的問題の予防や早期の対応を行うため、社会福祉の専門的知識や技術に基づいてさまざまな問題を予測し、患者やその家族からの相談に応じて必要な援助の実施。

退院援助
退院・退所に伴い生ずる心理的・社会的問題の予防や早期の対応を行うため、社会福祉の専門的知識および技術に基づいて退院・退所後の選択肢を説明し、相談に応じて必要な援助の実施。

社会復帰援助
退院・退所後に社会復帰が円滑に進むように社会福祉の専門的知識および技術に基づいた援助の実施。

受診・受療援助
入院、入院外を問わず、患者やその家族などへの受診、受療のための援助の実施。

経済的問題の解決、調整援助
入院、入院外を問わず、医療費、生活費に困っている場合に、社会福祉、社会保険などの機関と連携を図りながら福祉や保険に関連する制度を十分に活用できるための援助の実施。

地域活動
患者のニーズに合ったサービスが地域において提供されるように関係機関、関係職種などと連携し、地域の保健医療福祉システムづくりへの参画。

医療ソーシャルワーカーに期待が大きい退院・転院支援と地域連携・活動

医療が必要な患者にとって最も重要なことは、医療機関が正確な診断に基づいて的確な治療を行うことです。しかし、特に高齢者の場合は、正確な診断・的確な治療のみだけでなく、近年は医療費やその後も続く自宅での療養、あるいは介護をどう行うかなどの重要性が増しています。そこで、病気治療だけでなく退院から社会復帰までを総合的に支援することが、高齢者にとっても医療機関にとっても必要なことから医療ソーシャルワーカーの必要性・重要性がますます高まってきています。

大阪府守口市にある大手医療機関では、入院患者やその家族の相談内容で多いのは退院・転院に関することが約8割に達しています。そのため退院時には各関係機関・部門と調整をして退院日時を決定することが必要です。自宅に戻れる場合は、高齢者の状態と自宅の状況を把握し、必要であれば福祉用具業者との調整や、自宅の改修や生活スタイルの提案も必要になってきます。自宅に戻ることが困難な場合は、地域の各関係機関との密接な連携・活動によって高齢者にあった老人ホームの紹介、入所の調整が求められます。

医療ソーシャルワーカーとケアマネージャーとの連携

医療ソーシャルワーカーの役割や業務は多岐にわたりますが、少子・高齢化のますますの進展で業務のなかでも退院支援とそれを効果的に支える地域連帯・活動の重要性が高まっています。これを効果的に実施するには高齢者の場合、介護保険制度を利用していることから医療ソーシャルワーカーと介護保険制度利用者のケアプランの作成を通じて高齢者のよりよい生活を長期にわたって支援するケアマネージャーは連携をよくする必要があります。連携が不十分だと医療機関単独の退院支援だけでは介護保険を利用する高齢者を長期にわたってよりよい生活ができるようには支援できない可能性が高くなります。

医療ソーシャルワーカーが活躍する場所

医療ソーシャルワーカーが活躍している場所は、病院、保健所、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設などの保健医療機関です。なお、これらの医療機関のすべてで医療ソーシャルワーカーは活躍していませんが、その重要性が増していることから、これからは医療ソーシャルワーカーがいる医療機関が多くなっていくと思われます。

まとめ

医療機関は国が推進する保険制度の関係から入院患者の長期化を避けて早期退院を目指した治療をしています。そのため今後は高齢化のさらなる進展とあいまって、自宅や老人介護施設での病気療養がますます増加していきます。このような中、高齢者がより良い老後生活を送るために重要性が増している医療ソーシャルワーカーについて解説しました。医療ソーシャルワーカーの役割や業務を理解して病気の入院や退院のときの参考にしてください。



介護ガイドの記事検索

カテゴリ