• guide_icon_1x
  • お泊りデイサービスとは

お泊りデイサービスとは、通所介護ができる施設で、高齢者が日中の介護サービスを受けたあと、そのままその施設に宿泊できるサービスです。特別養護老人ホームなどの空きが慢性的に少ない状況にあるため、お泊りデイサービスの需要は常に高い状態にあり、中には月単位で利用を継続しているケースもあります。
日中のデイサービス(通所介護)は、介護保険に基づいて運用され、サービスが提供されていますが、お泊りデイサービスについては介護保険の適用がなされていません。そのため、以前はサービス内容(職員の数、施設の基準、防火対策など)は各事業所に一任されており、自治体によってもバラつきがありました。しかし、2015年4月に厚生労働省からお泊りデイサービスについてのガイドラインが発表され、これによって、介護職員や看護師を1名以上常駐させるといった人員基準、宿泊室の広さなどの設備基準、スプリンクラーの設置の義務化などの安全基準が定まり、利用者がより安心して宿泊サービスを受けられる環境が整うようになりました。

  • guide_icon_1x
  • お泊りデイサービスのメリット・デメリット
【メリット】

・介護をする家族の心身の負担を減らすことができる
・要介護者が、家族以外の人と交流する機会を持つことができ、気分転換になったりコミュニケーションの機会を得ることができる

【デメリット】

・プライバシーの確保が十分でない場合がある
・介護保険の適用外で、費用は実費負担となる

  • guide_icon_1x
  • お泊りデイサービスを利用するには

まずは、デイサービス施設を利用する手続きをとる必要があります。そのためには、要介護(要支援)認定を受け、ケアマネージャーに相談のうえ、ケアプランを作成してもらいます。
その後、利用したいデイサービス施設に申し込みをし、希望する日時のお泊りデイサービスの申し込みを行います。

  • guide_icon_1x
  • お泊りデイサービスとショートステイの違いは

ショートステイ(短期入所生活介護)は、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、老人保健施設などの大型施設や、ショートステイ専門の施設を利用します。その多くは個室タイプで、プライバシーが保たれます。
一方でお泊りデイサービスは、通所介護施設をそのまま利用します。大型の老人介護施設のように個室が割り当てられたり、プライバシーが確保されたりすることはあまり期待できません。

  • guide_icon_1x
  • お泊りデイサービスにかかる費用

お泊りデイサービスにかかる費用は事業所によってバラツキがあります。1泊数百円で対応しているところもあれば、数千円のところもあり、幅があります。
宿泊費に、食事代が加算されることもあり、その費用も事業所や要介護度によって違いがあります。詳しくは、利用する施設に直接確認してみましょう。