人間は生活するうえで、あらゆる「作業」を行います。たとえば食事や入浴、家事や仕事、地域活動などです。つまり、作業をすることは、個々が可能な範囲で自立して、社会とつながりをもつということ。作業療法士は、その「作業」を行うために身体的・精神的リハビリテーションを行い、その人らしい生活の獲得を目指します。

ケガや病気もしくは生まれつき身体に障害のある方や、身体機能が低下した高齢者の方、精神障害がある方が対象となります。

  • guide_icon_5
  • 作業療法士の概要

作業療法士とは、医師の指示のもと、作業療法によるリハビリテーションを行う国家資格の専門家です。Occupational Therapist(OT・オキュペイショナルセラピスト)とも呼ばれています。

作業療法では、日常的な応用動作(食事・排せつ・着替え・入浴・掃除・洗濯・料理など)や、手工芸・園芸・将棋・ゲーム・体操といったレクリエーションや創作活動などを取り入れています。これらは、適度な負担とともに身体や指の動きをスムーズにしたり、精神的にリラックスさせる効果があります。また、認知機能の向上にも役立ちます。

作業療法の範囲には、ADL(食事・排せつなど日常生活動作)訓練、IADL(家事・外出等)訓練、作業耐久性の向上、作業手順の習得、職業関連活動の訓練、福祉用具の使用における訓練、住環境への適応訓練などが含まれます。

  • guide_icon_5
  • 作業療法士が目指すこと

作業療法士が目指すことは以下能力の維持、改善です。
・基本的な動作能力(関節の動き・筋力・感覚・状況認識・感情表現など)
・応用的な動作能力(食事・排せつ・着替え・入浴・家事など)
・社会的な適応能力(問題解決能力・対人関係能力・学習能力など)
そして、最終的かつ最大の目標は、自立生活、地域活動への参加、就学、職場復帰などです。

  • guide_icon_5
  • 高齢者に向けた作業療法

加齢にともなう身体機能や認知機能の低下においては、関節の動きを滑らかにする訓練や、基本的動作や日常的な動作訓練のほか、ゲームや体操およびお手玉や折り紙、編みもの、塗り絵、習字など、高齢者の方が好むものを取り入れた作業活動を行います。それにより、動作能力の維持・改善だけではなく、高齢者の方が他者とコミュニケーションをとり、ストレスを発散することを促します。

作業療法は、理学療法で基本動作が回復した方向けのリハビリテーションなので、より“その人らしさ”を尊重します。高齢者の方の自尊心を大切にした対応や会話がとても重要となります。

  • guide_icon_3
  • おしまいに

作業療法士が活躍する現場は医療施設、老人保健施設、障害者福祉施設などです。家事、仕事、遊びなど日常における諸動作すべてを「作業…Occupation」と呼び、これらを活用して、心とからだの両面から治療・援助・指導を行います。

運動機能を回復させるスペシャリストが理学療法士ならば、作業療法士は患者さんの生きがいを支えるスペシャリストです。だからこそ、ただ機械的に訓練を行うのではなく、患者さん一人ひとりと向き合い、その人らしさを尊重します。高齢者の方の自立した生活が不可欠になった日本において、欠かすことのできない職業のひとつです。

  • guide_icon_1x
  • 【おさらい】

作業療法士のお仕事は、食事、料理、遊び、創作、スポーツなどを通して、身体的・精神的リハビリテーションを行い、日常生活や社会生活に必要な能力を高めることです。

基本的な動作能力から、食事・排せつ・着替え・入浴・家事など応用的動作能力、そして、社会的な適応能力を維持・改善します。最終的には、自立生活、地域活動への参加、就学、職場復帰などを目指します。

作業療法士が活躍する現場は、医療施設、老人保健施設、障害者福祉施設、介護保険事業所などです。

■問い合わせ窓口:一般社団法人日本作業療法士協会