• guide_icon_1x
  • 未解明の部分多く

認知症の一種である「レビー小体型認知症」。アルツハイマー型や若年性に比べるとあまり聞き慣れない病名ではないでしょうか。確かに、少し前までは認知症の中でも症例は数%にすぎないものと思われていました。しかし近年、全体の20%前後もいることが専門医の調査で分かってきました。国際的に認知されたのもつい最近で、認知症の代表症状以外にも多様な症状がみられるまだ未解明の部分が多い病気です。アルツハイマー型は女性の患者が多いですがレビー小体型は男性の発症率が高く、女性の約2倍とされています。

  • guide_icon_1x
  • 原因は

レビー小体型認知症は、脳細胞の中にレビー小体と呼ばれる特殊なたんぱく質が溜まることで発症します。レビー小体は加齢による脳の変性により出現するとされており、それが集まることで脳の大脳皮質や脳幹の神経細胞が壊されてしまいます。その結果神経が上手く機能しなくなり認知症の症状が起こります。

  • guide_icon_1x
  • 症状は

物忘れというイメージを持たれがちな認知症ですが、レビー小体型の代表的な症状は「幻視」です。「小さなごみが虫に見える」「ハンガーにかかっている洋服が人に見える」「遠くにいるはずの子どもが帰ってきていると思い込む」などがあり、何も無い場所に向かって話しかけていることもあります。認知症というよりは「意識の障害」という状態でしょうか。幻視や起立性のめまいや排尿障害、発汗過多などの自律神経症状や、手が震える、動作が遅くなる、筋肉がこわばるなどの運動障害もあらわれます。これらの症状がパーキンソン病と似ていることから、医師によってはパーキンソン病と誤診してしまい、幻視を治療薬の副作用としてしまうことがあります。

  • guide_icon_1x
  • 対策は

認知症は確固たる予防法や治療薬がない、難しい病気です。それはレビー小体型認知症も例外ではありませんが、アリセプトというアルツハイマー型認知症に使われていた薬がレビー小体型でも効果があることが最近になり認められました。医師とよく相談しながら薬を処方してもらえば、病気の進行を遅らせることができます。また、生真面目で几帳面な人がかかりやすいとされているため、ストレスを溜めないことが予防につながるとしている専門家もいます。

  • guide_icon_1x
  • もしかして?

レビー小体型認知症は、幻視や起立障害が記憶障害よりも前に見られることが多い病気です。その時点で周囲が気付いて早期に診断を受け、適切な治療を始めることが何よりも大切です。幻視は具体的に見えていることが特徴で、それに加えて「手足の震え」や「動作が遅い」などの症状があればレビー小体型認知症を疑った方がいいでしょう。

  • guide_icon_1x
  • おさらい

レビー小体型認知症は認知症の中では知名度が高くありませんが、実は認知症全体の20%を占めているのではないかともいわれている、患者数の多い病気です。レビー小体とは特殊なたんぱく質のことで、これが脳細胞の中に溜まることで神経細胞が壊されてしまい発症します。物忘れよりも「幻視」が前面にあらわれることが特徴で、「小さなごみが虫に見える」などと言います。しかしアリセプトという薬を適切に服用すれば、進行を遅らせることができるとされています。そのためには早い段階で専門医を受診することが大切です。