高齢になると運動機能が落ちます。運動機能が低下すると自立した生活が難しくなります。そこで、多くの老人ホームがリハビリを提供しています。リハビリの重要性と老人ホームで行われる「生活リハビリ」の目的、効果やリハビリの種類な内容、およびリハビリを行う専門家について紹介します。

  • guide_icon_5
  • 老人ホームでの生活リハビリの目的と効果、回復リハビリとの違い

生活リハビリとは、高齢者が寝たきりにならずに自立した生活を送れることを目的として日常生活全般の動作を問題なく行えるようにするリハビリのことです。

一般的なリハビリでは、腕や足などが動かないまたは動きづらくなった機能を動くように回復させて日常生活を送れるようにするものです。一方、生活リハビリでは、主に普通の生活を通じて腕や足などの機能の能力を維持・回復させて、日常生活全般が一人でできるように支援することを大きな目的として行われます。一部の機能を元に戻すことだけを主目的として行われないことが生活リハビリの大きな特徴です。

リハビリは「リハビリをやってもらう」という意識を持つのではなく「リハビリを主体的に自分からする」という意識が重要です。リハビリをして、何かをしたい、どこかへ行きたいという目的を持つようにして主体的にリハビリができると、生活全般に体がただ動くようになるだけなく精神的な生きがいも生まれてきます。リハビリをすると「したいことができる」、すると「できるからしたくなる」ことが増える、だから「生きがいが持てて、リハビリをする」という好循環が生まれます。これにより生活リハビリは心身の健全さをより高められる効果も期待できます。

  • guide_icon_5
  • 生活リハビリと医療保険で行われる回復リハビリとの違い

介護保険で行われる生活リハビリに対して、機能回復が目的で似たようなリハビリに医療保険で行われる回復リハビリがあります。どのように違うのでしょうか。この2つには利用できる保険の違いがあります。そのほかに、回復リハビリは病気やケガで機能が損なわれて、そのため生活の質が落ちている状態を向上させることが大きな目的です。

一方、生活リハビリは、日常生活での自立を目指すことが大きな目的です。ともに、日常生活に支障が出ないように支援する点では似ていますが目指す目的が異なっています。また、回復リハビリは誰もが、いつまでも利用できるリハビリではありません。原因となる病気やケガでリハビリを受けるために「発症から入院までの期間」と「入院できる期間」が医療保険で規定されています。また、回復リハビリでは、個別にリハビリをやってもらえますが、生活リハビリでは自分で主体的に行うリハビリを主に行います。

  • guide_icon_5
  • パワーリハビリとは? その目的、効果、導入条件

パワーリハビリとは、老化や障害によって使われずに衰えた筋肉による運動能力の低下を防止し、QOL(生活の質)を高めて自立した生活を送れることを目的として行われるリハビリです。パワーリハビリでは、トレーニングマシンを主に使って、立つ、歩く、座るなどの基本的な動作を行う運動プログラムで、これにより必要な筋肉を動かして運動機能を維持・向上させます。

筋トレは筋肉を鍛えて強化するため負荷は重くなりますが、パワーリハビリでは名称と違って普段使っていない筋肉を軽い負荷で刺激して筋肉の機能を回復させるので高齢者でも問題なく行える運動です。パワーリハビリを行うことで自立した生活ができるようになるとともに、介護者の負担を軽減できる効果があります。それだけなく行動範囲が広がることで精神的にも生活に意欲が出て外出やコミュニティへの参加などをより積極的に行動できるようになる効果が得られます。

そのほか、高齢になることで起こる健康上の不安、肉親や友人・知人との死別、1人暮らしによる孤独感などからうつ病になることの防止効果もあります。うつ病の他にも、認知症、パーキンソン病、脳卒中の予防や症状を軽減できる効果も期待できます。パワーリハビリでは高齢者が適切な負荷でトレーニングができるように通常の筋トレ用のトレーニングマシンではなく、専用に開発されたトレーニングマシンを使用することが導入の前提条件とされています。

  • guide_icon_5
  • 老人ホームで対応するリハビリは、どんな人が対応するの?

老人ホームで行われるリハビリを行ってくれる人は、機能訓練指導員と呼ばれ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、看護師、および准看護師の資格を持っている人が行います。

理学療法士は、体に障害があり歩く、立つ、座るなどの日常生活でもっとも基本的な動作ができるように支援する専門家です。作業療法士は、基本動作をもう一歩進めて着替え、入浴、食事などの作業ができるように支援して日常生活を自立して送れるようにする専門家です。言語聴覚療法士は、話したり、聞いたりするコミュニケーション機能に障害がある人に対して機能回復や障害があっても無理なく生活できるように支援したり、摂食・嚥下(えんげ)機能の回復を支援したりする専門家です。

  • guide_icon_3
  • まとめ

老人ホームで行われるリハビリの目的と効果、およびリハビリの種類や内容とリハビリを行う専門家について紹介しました。リハビリは自立した生活をするために必要なだけでなく、精神的な生きがいや高齢者に特有の病気を予防する効果もあります。体が思うように動かないと感じたら早めにリハビリをすることが重要です。