• guide_icon_5
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)とは

短期入所生活介護とは、介護が必要な方が、数日~1週間程度の間、施設に宿泊して、日常生活のサポートや機能訓練などを受られるサービスです。以下のような場合に利用することができます。
・介護をする家族の心身の状況が良くない
・介護をする家族が、冠婚葬祭や旅行などで、数日間、家を空けなくてはならない
・介護をする家族の介護負担を軽減したい

要介護者の方は、どうしても家に引きこもる生活を送りがちですが、短期入所生活介護(ショートステイ)サービスを利用すれば、孤立感を解消したり心身の機能を維持・回復することも期待できます。

ただし、このサービスの利用は、連続30日までとなっており、31日目以降は全額自己負担となります。また、介護認定を受けている期間のおよそ半数を超えない範囲での利用が奨励されており、半数を超える場合は利用者が住んでいる市区町村に届ける必要があります。

短期入所生活介護(ショートステイ)には、事業所のタイプによって2つの型があります。
また、部屋の種類によって3つのタイプに分かれます。

【事業所の違い】
・併設型
 特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、老人保健施設など、大型の施設に併設されているタイプです。短期入所生活介護(ショートステイ)の利用者も、これらの施設内の部屋に宿泊することとなります。

・単独型
 併設型のように、ほかの介護施設を利用するのではなく、短期入所生活介護(ショートステイ)専用の施設を利用します。

【部屋の違い】
・多床型
 いわゆる病院の大部屋のような形で、1つの部屋に複数人が一緒に宿泊するタイプです。

・従来型個室
 いわゆる個室のタイプです。利用者一人ひとりが、別々の個室で過ごすことができます。

・ユニット型個室
 完全な個室に、共有スペース(台所・食堂・浴室など)が併設されています。

・ユニット型準個室
固定壁と天井との間に隙間がある、完全ではない個室。共有スペースなどは「ユニット型」と同じです。

  • guide_icon_5
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)を利用するには

短期入所生活介護(ショートステイ)の利用対象は、要介護1~5の認定を受けた方となります。要支援1~2の認定を受けた方は、介護予防短期入所生活介護の対象となります。

  • guide_icon_5
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)のメリット・デメリット

【短期入所生活介護(ショートステイ)のメリット】
・介護をする家族の体調が悪くなったり、数日間家を空けなくてはならないときに、介護の専門家による介護サービスを依頼することができる。
・人員基準のなかで、医師が1人以上いることが定められているので、緊急時も安心。
・人員基準のなかで、栄養士が1人以上いることが定められているので、宿泊期間中も栄養管理のされた食事を摂ることができる。

・介護をする家族の、心身の負担感を少しでも軽減することができる。

【短期入所生活介護(ショートステイ)のデメリット】
・見知らぬ人と、慣れない場所での集団生活を送ることになる。利用者の方が、人見知りだったり、緊張しがちな性格の場合は、くつろいで過ごすことができないことがある。
・利用者が認知症の場合、慣れない施設での突然の宿泊生活が、認知症を進行させてしまうことがある。また、認知症の専門的な知識を持つスタッフがいない場合は、十分なサービスを受けることができないケースがある。
・需要が多く、予約を取ることが難しい。

  • guide_icon_5
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)にかかる費用はどれくらい?

単独型例(単位:一日あたり)

従来型個室 多床型 ユニット(型)個室
要介護1 620円 640円 718円
要介護2 687円 707円 784円
要介護3 755円 775円 855円
要介護4 822円 842円 921円
要介護5 887円 907円 987円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(H27年4月)に基づいて計算した場合です。
※自己負担が1割の場合です。所得が一定以上ある場合は、自己負担が2割になります。
※金額は事業所や市区町村、利用日数、サービス内容などによって変わります。

併設型例(単位:一日あたり)

従来型個室 多床型 ユニット(型)個室
要介護1 579円 599円 677円
要介護2 646円 666円 743円
要介護3 714円 734円 814円
要介護4 781円 801円 880円
要介護5 846円 866円 946円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(H27年4月)に基づいて計算した場合です。
※自己負担が1割の場合です。所得が一定以上ある場合は、自己負担が2割になります。
※金額は事業所や市区町村、利用日数、サービス内容などによって変わります。

短期入所生活介護(ショートステイ)は、介護の専門家に、数日間、要介護者の介護を安心してお任せできる点で、需要が高いサービスとなっています。
しかし、要介護者が認知症の場合や、相性などによって、施設の選定が難しいことがあります。利用の際は、ケアマネージャーなど、介護の専門家に相談するなどして、利用者が安心して過ごせる施設・サービスを選ぶようにしましょう。

  • guide_icon_3
  • まとめ

・短期入所生活介護とは、介護が必要な方が、数日~1週間程度の間、施設に入所・宿泊して、日常生活のサポートや機能訓練などを受られるサービスです。
・日ごろ介護をしている家族の、介護負担を軽減することもできます。
・利用する事業所によって「併設型」と「単独型」に分かれます。
・部屋の違いによって「従来型個室」「多床型」「ユニット型個室」に分かれます。
・ご利用者が認知症の場合には、認知症についての専門知識や技術を持つスタッフがいるところを選びましょう。場合によっては、短期入所生活介護(ショートステイ)を利用したことで、認知症が進行してしまうケースもあるので、注意が必要です。