いくつもの高齢者向け施設や介護サービスが同じ建物内にある『複合施設』は、利用者の幅広いニーズに応えるだけではなく、地域の高齢者の生活を包括的に支援してくれる大切な存在です。

  • guide_icon_5
  • 複合施設の特徴

高齢者向けの複合施設とは、いわゆる異なる小さな受け皿がひとまとまりになって、大きな受け皿になった施設のことです。つまり、以下の組み合わせで、同じ建物内に施設や介護サービスが2種類以上あるということ。

・「グループホーム」+「小規模多機能型居宅介護」
・「介護付有料老人ホーム」+「小規模多機能型居宅介護」
・「介護付有料老人ホーム」+「グループホーム」+「小規模多機能型居宅介護」
・「介護付有料老人ホーム」+「サービス付き高齢者向け住宅」
・「サービス付き高齢者向け住宅」+「小規模多機能型居宅介護」
・「特別養護老人ホーム」+「サービス付き高齢者向け住宅」
・「特別養護老人ホーム」+「グループホーム」+「小規模多機能型居宅介護」
・「介護老人保健施設」+「サービス付き高齢者向け住宅」

なかには医療機関との連携が万全で、「訪問看護ステーション」がある医療に特化した施設や、クリニックや薬局にコンビニエンスストア、地域センター、保育園や区民集会所などが入っている施設もあります。また、多くの施設においてケアマネージャーさんがいるケアプランセンター(居宅介護支援事業所)も建物内にあります。

なお、「小規模多機能型居宅介護」とは、『デイサービス(通所介護)』を中心として、『ショートステイ(短期入所生活介護)』や『訪問介護』が加わった地域密着型のサービスです。通常であれば、それぞれのサービスでスタッフが変わりますが、この「小規模多機能型居宅介護」においては、馴染みのあるスタッフから異なるサービスを受けられるため家庭的な環境がつくられます。

ただし、地域密着型サービスといわれる「小規模多機能型居宅介護」は、住まいが施設の所在地と異なる市区町村の場合、利用できないことがあります。

このように高齢者向けの複合施設は、事業者によって組み合わせや特徴はさまざまです。しかし、高齢者の方が長く落ち着いて生活できることを目的とした、地域に根差した施設であることは共通しています。

  • guide_icon_5
  • 高齢者複合施設のメリット

高齢者複合施設の特徴であり最大のメリットは、「利用者の多様な状況に応えられる施設」ということです。

通常であれば、自立した生活が可能な高齢者が、高齢者向け住宅もしくは軽介護度対応の施設に入所していた場合、重介護が必要になると改めて施設を探さなくてはなりません。もちろん、認知症になった場合も同じです。

しかし、同じ建物内にさまざまな施設や事業所があれば、ほかに移る必要はなくなります。「同じ場所に長くいつまでも、安心して快適に過ごせること」が、高齢者複合施設の目指すサービスであり、強みというわけです。

このような複合施設の整備は、高齢者の方々が住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう厚生労働省が推進している、「地域包括ケアシステム」の構築においても大きな役割を担っています。

  • guide_icon_3
  • おしまいに

高齢者複合施設は単独の高齢者施設と違い、多様なニーズに応じることが可能です。しかし、だからといって複合施設さえ選んでおけば間違いないとも言い切れません。ずっと安心して住み続けるため、あらゆる状態に対応が可能な複合施設を選んでも、サービスに不満が生じたり、暮らし心地が悪くては、結局ほかを探すことになってしまいます。

多くの正しい情報を集めて多角的に検討し、先々の安心とともに、その方にとって暮らしやすい場所を選ぶことが大切なのです。

だからこそ、各複合施設の特徴や強み、ご利用する方の不安や悩み、施設に求めるサービス、ご本人にとってのメリット、それらの散らばった情報すべてをまとめるという、このうえなく面倒で重要なことを一手に引き受けてくれる高齢者施設の専門家に、ご相談してみてはいかがでしょう。それが、ご利用者にとって何よりもシンプルで簡単なことかもしれません。

  • guide_icon_5
  • おさらい

高齢者複合施設とは、種類が違う高齢者施設やサービス事業所が、同じ建物内にある施設のことです。

「有料老人ホーム」と「グループホーム」が同じ建物内にあったり、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」と、「介護付き有料老人ホーム」もしくは「特別養護老人ホーム」などが同じ建物内にあるといった感じです。

また、介護保険サービスの「ショートステイ(短期入所生活介護)、デイサービス(通所介護)、ケアプランセンター(居宅介護支援事業所)、小規模多機能介護、訪問介護」なども併設されています。医療に特化していたり、クリニックや薬局にコンビニエンスストア、地域センター、保育園や区民集会所などが入っている複合施設もあります。

高齢者複合施設の特徴であり最大のメリットは、「利用者の多様な状況に応えられる施設である」ということ。自立していた高齢者の方に介護が必要になっても、そのまま同じ施設にいることが可能です。

■問い合わせ窓口:各施設、老人ホーム紹介事業者、地域包括支援センター、市区町村役所