• guide_icon_1x
  • 社会福祉士の仕事

社会福祉士とは、社会福祉専門職の国家資格です。
社会福祉士は、身体的・精神的・経済的・生活環境などにおいて、なんらかのハンディキャップがあり、支援を必要としている人たちの相談に乗ることが主な仕事となります。
具体的には、心身のどちらか、または両方に障害がある、生活に困窮している、ひとり親の世帯である、高齢であるなど、日常生活を送るのに何らかの支障のある人々が、相談の対象となります。このような環境にある人たちが、日常生活をスムーズに快適に過ごせるよう支援を行ったり、困っていることを解決できるようサポートするのが、社会福祉士の主な仕事です。ときには他分野の専門職の人と連携を取りながら、包括的に相談者の問題解決に当たることもあります。そのため、社会福祉士としての知識だけでなく、介護の知識や一般的な医学や心理学などについて、広く学ぶ機会も少なくありません。

<相談・支援の流れ>

1)相談者、またはそのご家族から相談を受ける
2)相談者が、日常生活を自立して送れるようになるための支援内容を考える
3)計画した支援内容を実行する。その後、定期的に支援の評価をし、必要に応じて見直しを図る
4)利用者の生活状況によっては、必要な公的手続きを代行したり、情報提供をおこなったりする

  • guide_icon_1x
  • 社会福祉士になるには

社会福祉士の資格を取るには、まず「社会福祉士国家試験」に合格する必要があります。相談員として働くには、必ずしも国家試験に合格する必要はないのですが、正式に「社会福祉士」を名乗るためには、この国家資格に合格する必要があります。

受験資格は、次のようなルートがあります。
・福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する
・福祉系の短大で所定の課程を修了し、1~2年間の実務経験を積む
・一般の4年制大学を卒業し、一般要請施設に1年以上通学する
・一般の短大を卒業し、実務を1~2年経験し、一般要請施設に1年次以上通学する

  • guide_icon_1x
  • 社会福祉士が働く場とは

社会福祉士として就職する主な場としては、次のような施設があげられます。
・介護老人保健施設
・老人福祉関係施設
・知的障害者関係施設
・精神障害者関係施設
・社会福祉協議会
・社会福祉事業所
・児童福祉関係施設
・身体障害者福祉関係施設
・病院などの医療施設
・地域包括支援センター、地域生活定着支援センター、児童相談所などの行政機関
・学校

また、社会福祉士は法律上の名称なので、これらの働く場所によって呼び名が変わることがあります。
例えば、社会福祉事務所では「ケースワーカー」、社会福祉協議会では「社会福祉専門員」、社会福祉施設では「生活相談員」、医療関係機関では「医療ソーシャルワーカー」などと呼ばれることがあります。