• guide_icon_2x
  • 小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、デイサービス(通所介護)を中心に、必要に応じて宿泊サービス(ショートステイ)や訪問サービス(訪問介護)を組み合わせ、利用者ができるだけ自宅で自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。「通所」、「宿泊」、「訪問」のいずれのサービスも、利用のための細かな決まりはありません。その方が自立した暮らしを続けていくために必要な支援は何かを見極めながら、柔軟な対応がなされます。

小規模多機能型居宅介護では、1事業所に登録可能な利用人数は、29名までと決まっています。また、宿泊は9名以下、通いは15名以下と、それぞれのサービスの利用人数に上限が設けられているので、一人一人に合ったきめ細やかなサービスを受けることが期待できます。通所、宿泊、訪問は、同じスタッフによって提供されますので、人見知りな方や、大勢とのかかわりが苦手な人も、安心して利用することができます。

小規模多機能型居宅介護で提供される、「通所」「宿泊」「訪問」のサービスは、それぞれ独立して提供されている施設のサービスと、どのような点が違うのでしょうか。

【通所】

「生活にリズムを作りたい」「仲間や友達を増やしたい」「閉じこもりにならないよう社会との接点を持ち続けたい」「血圧などの健康管理をしたい」、などとお考えの方が利用するのが「通所」サービスです。

通常のデイサービスでは、施設のスケジュールに合わせて送迎時間が決まっていたり、大勢で同じ過ごし方をしなくてはならなかったりなど、ある程度の制約がありますが、小規模多機能型居宅介護では、必要な時間に必要なだけ、一人ひとりの都合に合った曜日や時間で利用することができます。

【宿泊】

「家族の介護負担を減らしたい」「家族が留守にする間、自宅にいるのと同じような生活を維持したい」といったときに利用するのが、「宿泊」サービスです。

通常のショートステイでは、基本的に事前の予約が必要で、その施設がいっぱいだった場合は、他の施設を探したり日程変更したりする必要がありますが、小規模多機能型居宅介護の場合は、必要なときにいつでも、通い慣れた施設で宿泊できます。緊急の場合の対応も可能です。

【訪問】

「退院したばかりで、まだ一人で通所するには不安がある」「自宅での生活を中心にしたいが、サポートは必要」、「高齢者の一人暮らしのため、きちんとした生活が送れているか観察してもらいたい」、といった方が利用するのが「訪問」サービスです。

通常の訪問サービスの場合は、30分、1時間、といった時間単位での利用となったり、支援内容が決まっていて柔軟な対応ができなかったりしますが、小規模多機能型居宅介護の訪問サービスの場合は、回数や時間、内容についても柔軟な対応が可能で、一人ひとりがそのとき必要としているサポートを提供することができます。

  • guide_icon_1x
  • 小規模多機能型居宅介護を利用するには

小規模多機能型居宅介護の利用の対象は、要介護(1?5)の認定を受けた方になります。
要支援(1?2)の方は、「介護予防小規模多機能型居宅介護」の対象となりますが、サービス内容は、小規模多機能型居宅介護のものとほぼ同じです。

  • guide_icon_1x
  • 小規模多機能型居宅介護のメリット・デメリット
【小規模多機能型居宅介護のメリット】

・その方の必要に応じて、「通所」「宿泊」「訪問」のサービスを組み合わせて利用することができます。それぞれ別の事業所と契約したり、ケアプランを作成しなおしたりする手間がありません。

・どのサービスも同じスタッフによって運営されるので、顔を合わせる機会も多く、馴染みのある人や場所でサービスを受けることができます。特に認知症の方には安心です。

・少人数制なので、家庭的な雰囲気のなか、きめ細やかなサービスを受けることができます。

・いつも同じスタッフに接してもらえるので、心身の状態をしっかりと把握してもらうことができます。また何か変化があったときにも、気が付いてもらえる確率が高くなります。

・利用料金は、1月ごとの定額制なので、安心して利用できます。

【小規模多機能型居宅介護のデメリット】

・小規模多機能型居宅介護の施設に所属しているケアマネージャーが担当となるので、それまでのケアマネージャーとのつながりがなくなります。

・小規模多機能型居宅介護以外の、ショートステイ、訪問介護、訪問入浴、通所リハビリ、デイサービスなどが受けられなくなります。

・少人数制の集団生活となるので、気が合わないスタッフや利用者と人間関係がこじれたりすると、利用の継続が難しくなることがあります。

  • guide_icon_4x
  • 小規模多機能型居宅介護にかかる費用はどれくらい?

【要介護の方の場合】

要介護1 10,320円/月
要介護2 15,167円/月
要介護3 22,062円/月
要介護4 24,350円/月
要介護5 26,849円/月

【要支援の方の場合】

 

要支援1 3,403円/月
要支援2 6,877円/月

 

※自己負担が1割の場合です。一定以上の収入がある方は、2割負担となります。
※島根県内にある施設の場合を参照。金額は市区町村や事業所によって異なります。

小規模多機能型居宅介護は、「地域密着型サービス」と呼ばれるサービスのひとつで、施設が所在している市区町村と、利用者の居住地の市区町村が異なると、利用できない場合があります。また、市区町村によっては、小規模多機能型居宅介護のサービス自体がないこともあるので、利用を検討している人は、まずケアマネージャーなどの専門家や、介護を受ける方が住んでいる地域の「地域包括支援センター」などに相談してみるとよいでしょう。

  • guide_icon_1x
  • 【まとめ】
  • 小規模多機能型居宅介護とは、「通所介護」を中心に、必要に応じて「ショートステイ」「訪問介護」を組み合わせ、利用者ができるだけ自宅で自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。
  • 1事業所に登録可能な利用人数は、29名までと決まっています。また、宿泊はおよそ9名以下、通いはおよそ15名以下と、それぞれのサービスの利用人数に上限が設けられているので、一人一人にあったきめ細やかなサービスを受けることが期待できます。
  • 要介護(1?5)の認定を受けた方が対象となります。
  • 一人ひとりの要望に対して、通所・訪問・宿泊のサービスを組み合わせ、柔軟に対応するがきます。