介護ガイド

介護ガイド

タグ: 若年性認知症とは

若年性認知症とは

50歳未満でも アルツハイマー型や血管性など認知症にはいくつかの種類がありますが、64歳以下の人がかかった場合、総じて「若年性認知症」と呼びます。厚生労働省のデータによるとその患者は全国に約3万7800人。人口10万人当たり男性は57.9人、女性は36.7人となっています。発症年齢は平均51.3歳で、50歳未満で発症した人も30%ほどいます。高齢者に多いアルツハイマー型は若年性認知症では25%程度で、血管性認知症の割合が高いことが特徴です。血管性とは、脳内で・・・「続きを読む」
介護ガイドの記事検索

カテゴリ