• guide_icon_5
  • 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは、介護および医療的なケアが必要な方が、数日~1週間程度の間、医療設備の整った施設に宿泊して、介護および機能訓練や治療・看護などの医療的なケアを受られるサービスです。次のような場合の利用が可能です。
・介護をする家族が心身に支障をきたしている
・介護をする家族が、旅行や冠婚葬祭などで、1~数日の間、家を留守にする
・介護をする家族の介護負担を軽減したい

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)と似たサービスに、短期入所生活介護(ショートステイ)があります。後者は、主に、日常生活のサポートやレクリエーション、身体の機能訓練などのサービスがメインです。それに対して前者は、主に医療面のケアが中心となっています。生活面でのサポートや身体の機能訓練はもちろん、必要に応じて、医師、看護師、作業療法士、理学療法士など、医療の専門家のケアを受けることができます。
両者とも、サービスの利用は、連続30日までとなっています。31日目以降は利用料金が全額自己負担になります。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)は、医療的なケアが提供できる、「介護療養型医療施設」、「介護老人保健施設」、「療養型介護施設を持つ病院・診療所」などの医療機関を利用して行われます。部屋の種類によって3つのタイプに分かれます。

・多床型
 病院の大部屋のように、一室に4~8人くらいが一緒に利用します。

・従来型個室
 いわゆる個室のタイプで、一人ひとりに割り当てられた部屋を利用します。

・ユニット(準)個室
 個室と共同スペースを、目的に応じて使い分けることができるタイプです。共同スペースでは談話や食事などを、個室スペースでは治療や看護を受けることができます。

  • guide_icon_5
  • 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)を利用するには

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)の利用対象は、次のすべての条件を満たした方となります。
・要介護1~5の認定を受けている
・介護だけでなく、医療的な処置を必要としている
・定期的に、身体の状態や検査を必要としている

要支援1~2の認定を受けた方は、介護予防短期入所療養介護の対象となります。

  • guide_icon_5
  • 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のメリット・デメリット
【短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のメリット】
・医療的なケアが必要な利用者を介護をする家族が、体調を崩したり、冠婚葬祭などで数日間家を空けなくてはならないときに、介護や医療の専門家によるサービスを受けることができる。
・医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医学の専門家の元で、適切な処置をしてもらうことができる。
・介護をする家族は、介護の負担が軽減され、心身の休息をとることができる。
【短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のデメリット】
・常に需要が多いので、1~2ヵ月前からの予約が要る。緊急に依頼することが難しい場合がある。
・基本的に、連続して30日までしか利用することができない。31日目以降は利用料金の全額が自己負担となる。
  • guide_icon_5
  • 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)にかかる費用はどれくらい?

介護老人保健施設を利用する場合(単位:一日あたり)

従来型個室 多床型 ユニット(型)個室
要介護1 750円 823円 829円
要介護2 795円 871円 874円
要介護3 856円 932円 936円
要介護4 908円 983円 989円
要介護5 959円 1,036円 1,040円

介護療養型医療施設の場合(単位:一日あたり)

従来型個室 多床型 ユニット(型)個室
要介護1 691円 795円 817円
要介護2 794円 898円 920円
要介護3 1,017円 1,121円 1,143円
要介護4 1,112円 1,216円 1,238円
要介護5 1,197円 1,301円 1,323円

療養型病床群を持つ病院・診療所の場合(単位:一日あたり)

従来型個室 多床型 ユニット(型)個室
要介護1 673円 777円 798円
要介護2 722円 825円 847円
要介護3 770円 875円 895円
要介護4 818円 922円 943円
要介護5 867円 971円 992円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(H27年4月)に基づいて計算した場合です。
※自己負担が1割の場合です。所得が一定以上ある場合は、自己負担が2割になります。
※金額は事業所や市区町村、利用日数、サービス内容などによって変わります。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)は、1~数日の間、医療および介護の専門家に、要介護者の介護や看護、医療的な措置を安心してお任せできる点で、需要が高いサービスとなっています。そのため、短期入所生活介護サービス同様、予約が取りにくいのが難点です。冠婚葬祭などで利用日があらかじめ決まっている場合は、早めに施設を決め予約を入れましょう。地域にはどういった施設があるのか、利用者に最適な施設はどこかなど、分からない点は、ケアマネージャーなど介護の専門家に相談してみましょう。

  • guide_icon_5
  • まとめ

・短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは、介護と同時に医療的なケアが必要な方が、数日~1週間程度の間、施設に入所・宿泊して、日常生活のサポートや機能訓練、医療的処置などを受られるサービスです。
・医療的なケアが提供できる「介護療養型医療施設」「介護老人保健施設」「療養型介護施設を持つ病院・診療所」などの医療機関を利用して行われます。
・部屋の違いによって「従来型個室」「多床型」「ユニット型個室」に分かれます。
・需要が高いサービスなので、予約をとりにくいというデメリットがあります。利用日が決まっている場合は、なるべく早めに予約をしておきましょう。
・日ごろ介護をしている家族が心身の休息をとることができます。