特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

「特別養護老人ホーム(特養)」と「有料老人ホーム」は、どちらも介護が必要になった高齢者の方のための施設です。各施設により異なりますが、食事の提供、入浴・排せつ・食事の介護、洗濯・掃除等の家事、健康管理、機能訓練(リハビリ・レクリエーション)などのサービスがあります。しかし、この2つは定義が似ていても、その性質は大きく異なります。

  • guide_icon_5
  • 公的な施設……「特別養護老人ホーム」

「特別養護老人ホーム」は、社会福祉法人や地方公共団体などが運営する、公的な介護施設です。「特養」とも呼ばれています。「65歳以上・要介護3以上」の高齢者が対象で、長期利用が可能です。民間が運営する施設よりも、費用の負担を抑えられることが最大の特徴です。

「特別養護老人ホーム」には入居一時金がなく、月額利用料のみとなります。「施設サービス費」は介護保険が適用されるので、実費は1割~2割負担です。「居住費・食費」「日常生活費」においては、保険外なので実費となります。

しかし、低料金ゆえに非常に人気が高く、全国で52万人の待機者がいるほどです。申し込みから長く時間がかかりますが、だからといって待てば入所が確実になるわけでもありません。厚生労働省によれば、「特別養護老人ホーム」は平成26年(2014)10月1日時点で7,249施設あります。しかし、入所希望者に対して、まだまだその数は足りていないのです。

  • guide_icon_5
  • 民間の施設……「有料老人ホーム」

「有料老人ホーム」は、民間の事業者が運営する施設です。施設によって異なりますが、「概ね60歳以上」の高齢者が対象で、長期利用も可能です。医療設備や看護体制、人員配置数、レクリエーションやイベント、娯楽などのサービスが充実している施設や、地域によって地価も違うため、これら家賃やサービスが費用に反映されます。そのため、公的な介護施設に比べて費用が高くなる施設もあります。

なお、「有料老人ホーム」には、介護や食事等のサービスが付いた『介護付有料老人ホーム』、食事や生活支援等のサービスを受けられる『住宅型有料老人ホーム』、家事手伝いのサポートを受けられる『健康型有料老人ホーム』といった3タイプがあります。つまり、全体でいうと自立した生活が可能な方から介護が必要な方まで、幅広く入居できる施設といえます。

また、「有料老人ホーム」は、基本的に入居待ちをすることが、ほとんどありません。厚生労働省によれば、「有料老人ホーム」は平成26年(2014)10月1日時点で9,632施設あります。

「有料老人ホーム」には入居一時金があり、施設によってはその金額がとても大きい場合があります。逆に入居一時金がなく、その分を月額利用料に設定した月額利用料のみという場合もあります。月額利用料には「居住費・食費」「日常生活費」などのほか、介護保険内サービスの1割~2割負担額(※1)が必要となります。

(※1)入浴・排せつ・食事の介護など、介護度や地域に応じた介護サービスにかかる費用。

  • guide_icon_5
  • 2つの介護施設それぞれの特徴

「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の大きな違いは、公的なものであるか、民間であるかということです。

また、それだけではなく、
「特別養護老人ホームは低料金だけど入所がとても難しく、利用者が施設を自由に選択しにくい」
「有料老人ホームは費用が割高になるけれど入居しやすく、施設のサービスが充実していて、数多くある施設のなかから選択できる」
といった特徴があります。

以下の表は、それぞれの大まかな各特徴です。

特別養護老人ホーム 有料老人ホーム
運 営 社会福祉法人
地方公共団体 民間が主
入居対象 65歳以上の要介護者
基本は要介護3以上
※ただし状況により要介護1から可 概ね60歳以上
自立者・要支援・要介護者
※施設により異なる
入居期間 長期間 長期間
費用(一時金) 不要 必要とする場合あり
費用(月 額) 8万円~20万円 20万円~30万円
医療的ケア 医療サービスは限定されている場合が多い。夜間の対応や、重度の医療処置を行っていない場合あり 24時間看護職員の配置や、クリニックを併設している場合あり。
※施設により様々。サービスは多様化している
居 室 ・ユニット型
・準個室
・従来型個室
・多床室
※相部屋、半個室が多い ・一般居室
・介護居室
※基本は個室

  • guide_icon_3
  • おしまいに

費用は抑えたいけど、確実に入所したい。充実したサービスを受けたいけれど、あまり費用がかかるのは困る……。高齢者の方やそのご家族が、介護施設を選ぶにあたり悩みのスパイラルに陥ってしまうのは、やはり、こういった部分ではないでしょうか。

しかし、「特別養護老人ホーム」に申し込みながら、その結果を待つあいだ民間の「有料老人ホーム」に入居するという方法もあります。また、費用面で「特別養護老人ホーム」ばかりに注目していたけれど、いろいろと調べてみたら民間の施設の方が自分たちの条件にあっていた、ということもあります。したがって、どちらか一方に決めてしまわず、より多く情報を集めて選択していくことをおすすめします。

しかし、ご入居される方の状態により急を要する場合や、ただでさえ忙しい毎日のなかで、数多くの施設を見てまわったり情報収集するのは至難の業です。

そのようなときは、市区町村の窓口や、地域包括支援センター、老人ホーム紹介事業者などに、ご相談することが先決です。数多くの事例や施設の現況を知るプロフェッショナルに相談することで、固く絡み合っていた悩みのスパイラルが、思っていたよりも簡単に解けていくはずです。

  • guide_icon_1x
  • 【おさらい】

「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の大きな違いは、公的な施設であるか、民間の施設であるかということです。そして、それぞれには多くの特徴があります。

公的な施設である「特別養護老人ホーム」には、入居一時金がありません。月額利用料も民間に比べて低いため、とても人気が高く入所は非常に困難です。

民間の施設である「有料老人ホーム」は、施設によって高額な入居一時金が必要で、月額利用料も公的な施設に比べて高く設定されています。しかし、そのぶん24時間の医療サービスに、レクリエーションやイベント、娯楽などが充実している場合があります。そして、なんといっても入居しやすく、数多くある施設から好みにあった施設を選択することが可能です。

■問い合わせ窓口:各施設、地域包括支援センター、市区町村役所、老人ホーム紹介事業者