有料老人ホーム情報館に寄せられたホーム選びや入居までのお手続きなどについて、よくある質問をまとめました。
一般のご入居者の場合は、普通食でバランスやカロリーを計算した、一般的な食事が提供されます。 しかし、疾病によっては、様々な食事の提供をすることが可能です。 例えば、糖尿病食では、適正なカロリー、バランスを考え合併症の予防を考え提供致します。 摂食、咀嚼、嚥下障害を持った方が、食べやすいように工夫したソフト食。 舌でつぶせる程度にやわらかく仕上げ、すべりのよい、飲み込みのよい惣菜で提供します。 噛む力がかなり衰えた人のために工夫したきざみ食やミキサー食。 小さく刻んでいたり、咀嚼、嚥下機能の程度に工夫します。 ご入居者様一人毎に合わせて対応するホームがほとんどですのでご安心下さい。
最近の傾向としまして、多くの施設が個別対応を行っております。 各施設で相談してください。
多くの施設において対応可能です。 食事内容を変更したり、全体量が少なかったりなど、共同生活において ご本人の苦痛がなければ問題ありません。
基本的には食堂でご皆様と一緒にお召し上がりいただきます。 ただし、体調不良等の理由により状態がすぐれない方には、状況に応じてお部屋まで食事をお持ちします。
食事の時間は一般的に下記の時間が多いです。 朝食8:00~9:00、昼食12:00~13:00、夕食17:00~18:00
ホームごとに、訪問理容・美容のサービス委託を行っています。 専門スタッフが訪問しますので、サービスを受けていただけます。 また、ご入居前から自身のお気に入りの理容・美容の方を引き続いて依頼することも可能です。 (利用料は実費負担です)。
自立の方でご自身が行える方は自分で行なうことになっています。 要介護の方は、管理費・介護保険等に含まれていて衣類などは洗濯後、きちんとたたんでしまってくれます。 自立の方でも実費にてホームに依頼する事も可能です。
どのホームでも入居者及びご家族の声を聞く、運営懇談会を定期的に開催致します。 何か要望がある場合、この場で相談する事も可能です。 但し、日々の生活のことは、日常的にホーム長等に相談してみてください。 概ね聞いて頂けると思います。
まずは、有料老人ホーム情報館へご一報ください(弊社を利用して入居された方に限らせていただきます)。 介護サービスに関してなら、各都道府県にある国民健康保険団体連合会へ。 ホームの運営を含めた全般的なクレームは、都道府県の相談窓口が相談を受け付けています。
はい提示されます。 介護度、身体状況、疾病等により個々の状況に応じて、基本的には、ご入居後の長期目標、中期目標、1週間、1ヶ月、1日の介護や生活のケアプランが提示されます。 そのプランをご本人ご家族と協議した上でサービスの提供となりますので、日々の要望等はここで十分に話し合ってください。 ここが生活をするための基本となります。

もっと見る 》》

特に問題はありません。 もちろん通院の送迎を行ってくれる施設はありますが、介護体制が最低基準値のところは難しい場合もあります。 しかし、送迎を行う医療機関もありますので、ご安心ください。 但し送迎代は実費となることもございます。 受け入れが困難なケースとしては、人工透析の方を受入れしたケースがない、透析病院が近くに無いなどです。 やはり透析病院が近くにあるホームが中心となりますので、ご希望の地域を少し広げてご検討してください。
病院から退院と言う事は、ある程度医療処置が終了し、自宅に帰るいわゆる在宅生活に戻るということで、老人ホームの受入れは問題ありません。 しかし、入居判定がありますので、健康診断書や診療情報提供書、本人面談等は必ず必要ですので、この期間が約1週間要します。 一般的に2週間程度の日数が欲しい所です。 今日・明日での入居は困難ですが、有料老人ホーム情報館にご相談いただき、 ご一緒に最善策を考えますので、お気軽にご相談ください。
基本的には、65歳以上の高齢者の方が中心です。 各ホーム入居時の条件として「自立・要支援・要介護」でどのような方がご入居可能か取り決めています。 多くのホームは自立・要支援・要介護とも可能としておりますが、確認が必要です。 「要支援・要介護」としているホームは介護保険の利用が前提ですので、40歳以上の2号被保険者の方も利用可能ですが、特定疾病に該当する方になります。 尚、40歳以上で寝たきりや付きっきりの介護が必要だとしても、その原因が事故によるものなどでは特定疾病にあたりませんのでサービスの対象外となります。
入居できる方が限られています。 グループホームは介護保険上「認知症対応型共同生活介護」の保険を適用しますので、言葉の通り認知症の診断を受けている方限定、共同生活が可能、地域限定サービスの為現在の住所地によりその市町村の住民が対象となります。 よって、誰でも入居できるわけではありません。
入居一時金の保全措置が義務化されました。 平成18年4月以降に届出をした施設に適応され、未償却部分の内500万円を上限として返金されます。 但し、未償却金額が500万円以下の場合はその範囲となります。
可能です。 やはり誰でも家族のそば、長年住んできた自宅を忘れることができません。 自宅での生活が可能であれば、いつでも戻れます。 契約を解除して戻られるのか?契約を残したまま戻られるのか?その際の費用負担はどうなるか?など、 契約内容を十分に確認しましょう。
新たに身元保証人・身元引受人を立てる必要があります。 有料老人ホーム情報館は専門家と連携しておりますので、身元保証・家族代わりサポートなど(身元保証人の代わり)が可能です。
原則ご入居できませんが、成年後見制度・身元保証・家族代わりサポートなど(身元保証人の代わり)の契約でご入居は可能となります。 有料老人ホーム情報館は専門家と連携しておりますので、成年後見、身元保証・家族代わりサポートなど(身元保証人の代わり)が可能です。
有料老人ホームの場合では、ホーム毎の料金設定によります。 概ね65歳以上の方を対象としておりますので、一律というのもよくわかります。 年齢別料金プランのあるホームも多くあります。
値上がりすることはあります。 一般的には物価の上昇に伴うことがその理由となります。 値上げ、料金改定は、必ず運営懇談会開催後、決定となります。

もっと見る 》》

PT(理学療法士)がいて、リハビリを行ってくれるところはありますが、老人ホームは病院でございませんので、積極的なリハビリをご希望の方は、リハビリ病院や老人保健施設をおすすめします。 ホーム内のリハビリの多くは「生活リハビリ」が中心です。 最低限の自立生活を目指して、日常生活の中にリハビリと組み込む内容となっております。 また、外部よりリハビリマッサージ師がホームに訪問してリハビリを行うなど、ある程度リハビリを行えますので、ご安心ください。
有料老人ホームのスタッフの配置として、身体的リハビリには理学療法士、生活リハビリには作業療法士、言語リハビリには言語聴覚士の専門家を常駐しているホームと、提携医療機関から派遣し定期的にプログラムを行うホーム、入居者が提携医療機関を訪れて行うなど、各ホームのよってさまざまです。

もっと見る 》》

終末期は、全てのホームで対応はしておりません。 多くの場合、終末期はやはり病院です。 有料老人ホームは、在宅介護を基準としておりますが、やはり親族での介護ではありませんので緊急処置等、何もできません。 最後はやはり医療連携が十分に取れていませんと終末期の対応は難しいです。 最近では、看取りを行う施設も増えてきておりますので、お気軽にお問いあわせください。
家族の皆様のご心中、お察し申し上げます。 まずは、有料老人ホーム情報館にご一報願います。 私どもは、ホームの現場を経験してきております。 両者の立場がわかります。 また、契約書内に苦情連絡先が記載されておりますので、それに沿って手続きをすることをお勧めします。 何事もご相談ください。
ご親族、ホームスタッフ、連携医療機関の3者の協力がなければなかなかできません。 終末期は病院となるケースも多いです。
ホーム内でお通や、葬儀などはできません。 ご親族や身元引受人等よりご希望があれば、葬儀業者を紹介致します。

もっと見る 》》

敷地内に診療所を併設したホームや病院が近隣に開設したホームなど医療連携の優れたホームもございます。 全てのホームは提携または協力病院がございますので、ご安心ください。 また、定期的に施設内に往診として担当医が訪問してくれています。 頻繁に通院を必要とする場合又は専門的な診療科目の受診を希望の場合は事前にご相談ください。
ご安心ください。 全てのホームが入居可能ではございませんが、一般的にカテーテルの場合、ご入居判定によりご入居できない場合もございますが、ほとんどのホームでご入居は可能です。 また、有料老人ホームの場合では、看護師がいますので、ご安心ください。
ご安心ください。 全てのホームが入居可能ではございませんが、一般的に在宅酸素の場合、1日の酸素の使用量など確認をさせて頂き、ご入居可能は入居判定をさせて頂きますが、ほとんどのホームでご入居は可能です。 また、有料老人ホームの場合では日中看護師がいます。 24時間看護師が配置されている施設もありますので、ご安心ください。
ALSの症状の方でもご入居は可能です。 しかし、受け入れてくれるホームは限られます。 先行きの症状がやはり重くなる事が予想され、特に医療連携が必要だからです。 受け入れ可能なホームは、医療連携先(提携医療機関)の担当医がALSに理解、専門性の高い医療機関であることが最大の要因となるからです。 これらはパンフレット等にも記載されていませんので、ホーム探しが難しくなります。有料老人ホーム情報館にお気軽にお問い合わせください。
パーキンソン病の方でもご入居は可能です。 比較的介護を必要とする方は、介護体制が3:1のところでは、お断りされるケースもございます。 これは、介護職員の人数が限られ、お一人おひとりの個別介護に手が回らない、また、病状では受入れが可能でもご入居者全体の安全を確保する事を考えると受入れが難しいと判断されるケースです。 しかし、ほとんどのホームは受入れ可能ですのでご安心ください。
ほとんどの老人ホームは認知症の方の入居は可能です。 重度の認知症状(昼夜逆転、帰宅願望、暴力行為、脱糞等)の場合、ホームは限られますが、ご入居できます。 ホーム毎に特徴があり、施設内の階層毎に入居時の状態・症状を分けて受け入れているところや、比較的認知症の方が多いホームなど様々ですのでお気軽にお問い合せください。
有料老人ホームでは、看護師が配置されております。 よって、日常の健康管理は看護師を中心に行われております。 看護師の配置は、日勤勤務と24時間勤務のホームとあります。 よって、看護師の配置体制で医療依存の高い方は24時間勤務体制のホームがおすすめです。
有料老人ホームでは、看護師の配置が義務付けられています。 また、病院又は診療所及び歯科診療所との提携・協力が義務付けられています。 よって、ホームドクターが配置されますので、定期健康診断、受診、治療及び相談、助言、専門治療を有する場合には、医療機関の紹介、助言、指導等がなされます。
介護付有料ホームの場合、ほとんどのお部屋・トイレ等に緊急コールが設置されています。 また、日中は看護師が勤務、夜間は、2~4時間毎にお部屋を巡回して安否確認を行っています。 介護・看護スタッフが適切に対応致します。 緊急時には、看護師、かかりつけ医、協力医療機関に連絡をして指示を仰ぎます。
医療機関の選択は、あくまでご入居者の自由選択になります。 日常的な通院はご家族で対応して頂く事が基本となりますが、家族対応が難しい場合h、有料サービスで通院介助してくれるところが多くあります。

もっと見る 》》

ホームの中の生活相談員やケアマネージャーが介護認定の相談にのっています。 介護が必要になった場合、介護保険が適応されますので、早めな手続きをお薦めします。 介護認定を受けないで施設サービスを利用すると、実費負担が増加することになります。
利用できます。 介護保険制度の上では在宅扱いです。 健康型有料老人ホームは、介護が必要となった場合退去となるため、利用できません。 住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅は、ご自宅と同様に介護サービスを自由に選択して利用できます。 介護付き有料老人ホームの場合、介護度に応じて基本介護サービスが各ホームで決まっており、ご入居者の方の状態で、柔軟に対応しております。
入居時の要件に自立・要支援・要介護者が対象とあれば、問題ありません。 要支援・要介護となると退去も想定されます。 自立になると、今まで介護保険で補っていたサービスをどうするかとの問題が生じます。 多くのホームの場合、同様なサービスを継続されますが、自立の方の場合の基本費用が決められていますので実費負担額が増加します。
入居後に申請しても問題はありません。 介護保険は要介護度が決まっていなくても、申請した日から使えますので、ご安心ください。

もっと見る 》》

今までの長期入居(生涯入居)だけでなく、ミドルステイのような形で、半年契約、一年契約、二年契約などのコースがある施設もございます。 また、入居金0円のホームも増加しております。 有料老人ホームの利用の仕方の一つとして特養待ちの方も多くおられます。 実際に、有料老人ホームにご入居と同時期に特養に申込され、待機待ちをする、その後、特養からの順番がきたときに移動するかを決めて頂ければと思います。

もっと見る 》》


Q&A有料老人ホーム検索

カテゴリ