有料老人ホーム情報館に寄せられたホーム選びや入居までのお手続きなどについて、よくある質問をまとめました。

入居条件について

特に問題はありません。 もちろん通院の送迎を行ってくれる施設はありますが、介護体制が最低基準値のところは難しい場合もあります。 しかし、送迎を行う医療機関もありますので、ご安心ください。 但し送迎代は実費となることもございます。 受け入れが困難なケースとしては、人工透析の方を受入れしたケースがない、透析病院が近くに無いなどです。 やはり透析病院が近くにあるホームが中心となりますので、ご希望の地域を少し広げてご検討してください。
病院から退院という事は、ある程度医療処置が終了し、自宅に帰るいわゆる在宅生活に戻るということで、老人ホームの受入れは問題ありません。 しかし、入居判定がありますので、健康診断書や診療情報提供書、本人面談等は必ず必要ですので、この期間が約1週間要します。 一般的に2週間程度の日数が欲しい所です。 今日・明日での入居は困難ですが、有料老人ホーム情報館にご相談いただき、 ご一緒に最善策を考えますので、お気軽にご相談ください。
基本的には、65歳以上の高齢者の方が中心です。 各ホーム入居時の条件として「自立・要支援・要介護」でどのような方がご入居可能か取り決めています。 多くのホームは自立・要支援・要介護とも可能としておりますが、確認が必要です。 「要支援・要介護」としているホームは介護保険の利用が前提ですので、40歳以上の2号被保険者の方も利用可能ですが、特定疾病に該当する方になります。 尚、40歳以上で寝たきりや付きっきりの介護が必要だとしても、その原因が事故によるものなどでは特定疾病にあたりませんのでサービスの対象外となります。
入居できる方が限られています。 グループホームは介護保険上「認知症対応型共同生活介護」の保険を適用しますので、言葉の通り認知症の診断を受けている方限定、共同生活が可能、地域限定サービスの為現在の住所地によりその市町村の住民が対象となります。 よって、誰でも入居できるわけではありません。

Q&A有料老人ホーム検索

カテゴリ