多くの施設において対応可能です。
食事内容を変更したり、全体量が少なかったりなど、共同生活において
ご本人の苦痛がなければ問題ありません。