ALSの症状の方でもご入居は可能です。
しかし、受け入れてくれるホームは限られます。
先行きの症状がやはり重くなる事が予想され、特に医療連携が必要だからです。
受け入れ可能な老人ホームは、医療連携先(提携医療機関)の担当医がALSに理解、専門性の高い医療機関であることが最大の要因となるからです。
これらはパンフレット等にも記載されていませんので、ホーム探しが難しくなります。有料老人ホーム情報館にお気軽にお問い合わせください。