特別養護老人ホームは公的ホームとも呼ばれ、一般的に特養と呼ばれています。
運営は地方自治体や社会福祉法人が行っていますので、低額で利用できます。
近年ではプライバシーの配慮などから個室を設けている施設も増えてきております。
入居するための条件として、基本的に介護度3以上の方となっています。
有料老人ホームは主に民間企業ですので、特別養護老人ホームよりは費用は高額となる傾向がありますが、質の高いサービスを受けることができます。