• 心構えと気持ちの整理

    • 自立・健常な方・・・
      どんな生活を生涯送りたいか?なぜ、ホームに入居するのかなどこの時期に気持ちを整理しましょう。
      介護を必要とする方・・・
      高齢に伴う身体状況の様々な変化や、住宅事情、家庭環境等で、在宅介護が困難になり、ホームへの入居を検討されると思います。
      まずは、ご家族の間で入居への意思を統一していただくこと、そして在宅介護と違い、ホームでの介護は共同生活の場であることも理解しましょう。
  • 専門家に相談することをおすすめします

    • ご自身で情報収集をしようとすると、インターネットなどで個別に調べたり、各施設ごとにパンフレットを取り寄せたり、また老人ホームの基礎知識から勉強しなければならず、大変です。
      有料老人ホーム情報館では、提携数業界トップクラスですので、数多くの施設のパンフレットを預かっております。
      電話連絡やその後の誘い込み連絡など無駄と時間がはぶけます。
      また、専門家がご一緒に探しますので、わからないことや疑問点、不安点など個別に相談に応じます。
  • 施設の比較検討

    • 有料老人ホーム情報館では、ご相談いただいた内容を元に施設を絞込み、ご入居予定者様に最適と思われる施設のパンフレット、そしてそれらの施設の特徴や比較表をお渡しいたしますので、比較検討しやすくなります。ご家族や関係者とご検討ください。
      さらに、当館相談員と絞込んだ施設についてお打ち合わせいただき、見学したい施設をピックアップします。弊社相談員から、希望施設への見学のアポイントをお取りいたします。
      当館相談員が見学予約をしますので、日程調整の上、まずはご連絡ください。
  • 施設見学・体験入居申し込み

    • パンフレットだけでは、やはり周りの環境、施設の雰囲気及び入居に対しての不安はなくなりません。 実際に現地に足を運んで、生活環境が合うかどうか確認してください。ご自分に合うホームが見つかったら体験入居を申し込んでください。
      自立・健常な方・・・
      ご自分の目で確かめてください。これと思うホームにはご家族も一緒に見学することをおすすめします。
      介護を必要とする方・・・
      概ねご家族が、代わって見学をいたします。
      ご入居予定者の方が、いくつもの施設を見て回ったり体験するのは大きな負担になります。
      ご家族が良いと思われたホームについては、介護体制・サービス内容・料金内容・医療面での受け入れ可否などを十分にご確認ください。
  • 資金計画を確認する

    • 実際に施設見学及び体験入居をして、パンフレットに記載されている料金以外にかかる経費を含め計算します。
      入居時にかかる一時金、その返還金、毎月の費用及びその他サービス及び医療費、水光熱費など料金体系は複雑です。
      わからない点は、遠慮なく当館相談員に質問をしてください。
  • 体験入居

    • 体験入居をして、実際に確かめてください。
      外見では見えなかったことも見えてきます。
      また、実際にご入居されている方からの話も聞くことをおすすめします。
      多くの場合、体験入居後、そのまま実際の生活が始まります。
      ※体験入居前にご契約手続きをする施設もあります。
  • 入居意思の決定、ご契約

    • 自立・健常な方・・・
      一度ご自宅に帰り、再度心の整理をしてください。
      入居までに、身辺整理、自宅処分等やり残しの無い様に。 契約時には、再度各種サービス等内容の確認を忘れずに。
      介護を必要とする方・・・
      多くの方々は、体験入居時に入居の決定を行い、そのままホームでの生活が始まります。同時に契約の締結となりますので、サービスの内容及び契約内容を十分に確認してください。
      特に共同生活の場なので、在宅介護と異なり、ご家族と同じような生活援助ができないことなどを理解しましょう。
データを送信中です。
Loading 0%